妊娠したら体温は上がる?


妊娠が判明した時の喜びは計り知れませんよね。その時に、自分の体の変化でわかるのは体温変化だと思います。

妊娠が判明すると、少し熱っぽくて微熱が続く状態が妊娠初期に見られます。だいたい、37.0度以上だと言われています。いつも平熱が低い方は、38.0度の体温になる可能性もあります。

もしかして、風邪を引いたかも?!と思っていたら、妊娠をしていたという人は少なくありません。


スポンサードリンク


なぜ体温が高くなる?


不思議なのが、なぜ妊娠をすると体温が高くなるのか?ということですよね。それは、やっぱりと思う方も多いかと思いますが、『ホルモンバランス』に関係してきます。

妊娠をすると、黄体ホルモンというのが、排卵があると出始めて受精卵を育て体温をあげる働きをしてくれます。妊娠をしない場合は、その逆になりますね。受精卵を育てる必要性がないので、体温は上がらず、体温は低くなります。

初めから、お腹の中で赤ちゃんを守り育てようという働きをしているために体温が上がるんですね。とても、神秘的に感じますね。

体温が下がる時


体温が高い状態が、ずっと続くわけではありません。妊娠の中期に入るころには、平熱に安定してきます。

妊娠中期に入ると、胎盤が出来始めてくるので、卵巣からではなく胎盤からの妊娠維持ホルモンに切り替わるため、体温が安定し、体温が下がります。

中期に入っても、体温が高い状態が続く人もいるようです。体温が高いからと言って、何か病気かも?!と、心配をしないで大丈夫です。

体温が低いと流産?


中期でなく、妊娠初期の時にも一時的に体温が下がる場合もあります。

体温が、微熱ほどなく低いケースがあります。体温が低いと、流産する・・・という噂を聞いたことがあります。これは、実際の所どうなのでしょうか?


スポンサードリンク


体温が低くなる理由


妊娠初期なので、体調や情緒が不安定な時期でもあります。

つわりや妊娠によって起こる、心の変化によって体温も左右されます。そして、睡眠不足や何気ないこともストレスに感じたりと・・・今までにはない変化が体温低下の原因と考えられます。

その他に、外の気温の変化によって体温変化が見られます。寒い時期などには特に起こりやすい体温変化です。

そして、単なる計測ミス・・・ということも考えられます。再度、計測してみると体温低下になっていなかったりしますので、おかしいなと感じた時は再度計測をしましょう。

流産の可能性


体温が低いことによって流産の可能性が全くゼロというわけではありません。体温が低いことによって、流産する・・・という、可能性はありますが。流産を避けることは、出来ないようです。

この時の、流産の原因は赤ちゃん側、つまり胎児側の原因がほとんどです。とはいえ、一度はわが子を授かったと、喜んだものの流産したとなればショックですよね。

中には、自分を責めてしまう方もいらっしゃいます。

自分を責めないようにしましょう。この時の、流産は決して母親のせいではありません。よく周りから言われがちなのが、体を冷やしすぎだとか運動をしたからだとか・・・そんなのは関係ありません。赤ちゃんが、何かを伝えに来たのかな。と思うと少しでも気が晴れるのではないでしょうか。

次の妊娠の為に出来ること


次の妊娠の為に出来ることをし、母体も準備しましょう。葉酸やビタミンEを摂取しましょう。

妊娠した時には、葉酸は赤ちゃんに必要だと言われています。食品だけでは、摂取が難しいのでサプリメントを活用しましょう。そして、喫煙者は禁煙が必要となります。妊娠中の喫煙は、流産や早産などのリスクを高めます。赤ちゃんの為に、禁煙を心がけましょう。

そして、規則正しい生活が出来るようにしましょう。少しでもストレスがない環境づくりをすることで、母体にも赤ちゃんにも優しい妊娠ライフが送れるかと思います。

さいごに


妊娠初期は、何かと敏感になりやすいものです。体温が一時的に下がっても、不安に思わず再度計測するか、1~2日後に計測してみるといいですね。

色んなケースがありますので、動揺をせず冷静になれるようにしましょう。

とはいえ、心配してしまうのが現実ですよね。とても心配な時は、病院に受診をして診てもらうと安心できるのではないでしょうか。妊娠中期に入れば、流産のリスクはほとんどなくなります。妊娠ライフが、少しでもいい時間となりますように。