妊娠初期の下腹部痛は生理痛によく似てると言われています。この痛みは妊娠が成立した時からある方もいます。

生理予定日が過ぎても生理が来ないと、妊娠を意識していない方はこの下腹部痛を生理が来る前触れだと思う方もいるでしょう。また、妊娠の初期症状といえば吐きつわりが一般的によく知られてはいますが下腹部痛があるとは知らない方も多いです。

ここでは、そんな妊娠初期と言われる時期のよくある症状に触れていきます。


スポンサードリンク


■妊娠初期の腹痛と生理痛の違い


妊娠が成立すると、チクチクと痛む、下腹部に違和感がある、引っ張られるような感じがあるなど子宮の成長痛が見られる方がいます。また、妊娠の成立がなかった時は生理が来るのですが、その際にプロスタグランジンというホルモンの分泌がされ、体外に子宮内膜を出そうとするため子宮が収縮し出血に伴い下腹部痛を感じる人が多いです。

これが生理痛です。プロスタグランジンの分泌が多いと下腹部痛の他にも頭痛や倦怠感などの症状が表れる方もいます。その逆に全く無症状という方もいます。どちらも子宮の動きによって生じる痛みで、時期的にもよく似た頃にあるものなので間違われやすいのでしょう。

妊娠初期の下腹部痛はそんなに激しい痛みは伴いませんが、痛みを感じたら少し横になって痛みが引くのを待ちましょう。また、下腹部痛と同時に出血の有無にも注意しましょう。鮮血や多量に出血した場合は産婦人科の受診をしましょう。

■妊娠3ヶ月頃にある便秘や下痢


便秘や下痢は、プロゲスケロンというホルモンが関係しています。妊娠が成立するとプロゲスケロンの分泌量が増え、子宮を拡大して赤ちゃんを育むのをフォローします。しかし同時に腸の活動にも影響があり便秘や下痢を起こしてしまうことがあります。

胎盤が完成される安定期の前後までよく見られる症状です。つわり中の方は辛いでしょうが、出来るだけこまめに水分を摂って脱水しないように気を付けましょう。水分を摂る際は更に腸を刺激しないようできるだけ常温の飲み物が望ましいです。また、便秘の方も水分を摂ることによってお通じを促しましょう。

また冷えは便秘や下痢、つわりなどを助長するものでもあります。寒い時期は積極的に体を暖めたりする方が多いですが、夏は暑いからうっかり薄着をして知らず知らずのうちに体を冷やしがちです。外出の際には羽織るものなどを常備し、温度調節が出来るようにしておきましょう。


スポンサードリンク


■妊娠3ヶ月頃はつわりもピーク


多くの妊婦さんを苦しめてるであろう代表的な妊娠初期のつわり。期間は人それぞれですが妊娠3ヶ月あたりがピークの方も多いでしょう。思うように食事や飲み物が摂れなかったり、逆に常に食べていないと体調が悪かったり、唾液の量が増えて口の中の不快感で気分が悪かったりなど一言でつわりといっても症状も様々です。

つわりが酷いうちは無理はせずに自分が楽な状態で過ごすのが一番です。食べ物などの好みが変わり、偏食を気にする方もいますがこの時期は摂れるものを摂るようにしましょう。また、吐きつわりで体重が減少してる方もいると思います。

大幅な減少でなければ問題ないとされますが、検診のときに産婦人科に相談をしながら様子を見ましょう。医師から見て体重の減少が激しければ点滴や入院指示がでることもあります。

■おかしいなと感じたら産婦人科へ


下腹部痛が耐えれないレベルになったり、それに多量の出血が伴ったり、あまりに長期間下痢が続いたりしたら迷わず産婦人科を受診しましょう。妊娠初期症状ではなく別の病気が潜んでいたり、流産のサインだったということもあるので少しでも変だなと思ったら我慢は禁物です。