着床出血とは?


「着床出血」とは、生理予定日付近で受精卵が子宮に着床した時に起こる出血の事を言います。この時に、妊娠検査薬を使用したら陽性反応は出るのでしょうか?詳しくご紹介いたします。


スポンサードリンク


妊娠検査薬の反応


着床出血があった後に、妊娠検査薬で妊娠かどう反応を見ることが出きます。

着床していれば、生理予定日でも妊娠していることにはなるので、「陽性」反応が出ます。くっきりと出ずに薄くても、妊娠していると言えるでしょう。しかし、この時点で全く出ていなければこの時点では、妊娠していない「陰性」となります。

しかし、妊娠検査薬の使用は生理予定日の1週間後となっているので数日後に再検査薬すると陽性反応が出ることもあるかもしれません。妊娠の可能性があって、着床出血らしいものがあった場合は、数日後に再検査してみるといいかもしれませんね。

産婦人科に行くタイミングは?


妊娠検査薬で「陽性」反応が出た場合、すぐにでも産婦人科に行きたいですよね。行くタイミングはいつなのでしょうか?

着床出血の後、すぐに妊娠検査薬を使用して「陽性」が出て、すぐに産婦人科に行くのは避けた方がいいですね。すぐに産婦人科に行っても、子宮の中で赤ちゃんがある程度、成長していなければいけません。それは、「胎芽、胎嚢、心拍」の3つが確認されないと妊娠と判断されないからです。

産婦人科にすぐに行っても、妊娠との判断が付かないので2週間後に来て下さい。と言われることが多いようですね。着床出血が起こる頃は、まだ妊娠3週目頃となります。そして2週間後は、妊娠5週目頃にあたるので、胎芽、胎嚢、心拍が確認しやすくなる時期になります。

すぐに産婦人科に行きたい気持ちは抑えて、焦らず待ってからのほうがよさそうですね。


スポンサードリンク


生理とどう違う?


「着床出血」は生理と似たような症状があり時期も生理予定日に起こるため、生理と勘違いする人が多いようです。着床出血の特徴は、少量の出血で色は鮮血やピンクが多いようです。期間も、短く1~3日と数日で症状がおさまる場合がほとんどのようです。

しかし、個人差があるため生理に近い量や色の出血が起こる場合もあるようなのです。期間も、1週間など生理と同じような期間の症状が続く場合もあるようなので、全員が同じ症状が出るわけではないので一概には言えないようです。

そのため、出血があったから「着床出血」だと思って妊娠検査薬で検査してみたら、「陰性」だった・・・というケースもあるようです。

必ず着床出血がある?


妊娠する時に、必ず「着床出血」があるわけではありません。妊婦さんの、ごくごく一部の方が「着床出血」を経験しているのですが、それ以外に方は「着床出血」を経験していません。「着床出血」がないからと言って、おかしいのでは?と心配する必要はないようです。

陽性反応後、陰性になった


着床出血したという事は、一度は子宮に受精卵が着床したことになります。そして、妊娠検査薬で陽性反応が出ていたのにも関わらず、数日後になると「陰性」に変わっていたというケースも稀にあります。

それは「化学流産」です。着床したものの受精卵が成長しなかったために起こる現象です。これは、染色体異常が原因ですので母体側が原因ではありません。

そして、ほとんどの方が気付かないうちに「化学流産」になっているため「化学流産」を知らない方が多いのではないでしょうか。何も違和感ないので、妊娠検査薬を早めに使用した人はアレ?と思う方がいるかもしれません。

その後の処置は必要がないので心配はいりません。

まとめ


着床出血後の、妊娠検査薬は使用しても反応が出やすいですが、まだ陰性の場合もあります。正確な反応が知りたい場合は、もう1週間待ってから検査すると正確に反応が出やすいようですね。