着床出血とは?


着床出血とは、生理予定日頃に受精卵が子宮にたどり着き着床した時に起こる出血のことを言います。この時の出血量や色について詳しくご紹介いたします。

着床出血量はどのくらい?


まずは、着床出血量についてです。着床出血は、おりものシートで十分なぐらいの少量です。トイレに行ったときに、トイレットペーパーに少し付くぐらいなので、生理がくるのかな?と勘違いするほどです。

ごくまれに、通常の生理ほどの量が出る場合もあるようですが、これはごくまれの方のみの経験のようです。

出血の色は?


出血は、生理とは違って鮮血やピンク色の出血が出るようです。

この色で、着床出血と認識する人も多いようですね。しかし、これ以外でも茶色だったり、生理と見分けのつかないドロッとした感じや色の出血がある場合もあるようなので、必ず鮮血やピンクの出血が出るわけではないようですね。

しかし、ドロッとしたものが出てくると心配ですよね。では、出血量や色の違いで、どんなことが考えられるでしょうか?

出血量が多いと心配?色が生理っぽい?


個人差があるとはいえ、少量で済むはずの着床出血の量が多いと心配になりますよね。普段の生理の量が、もともと少ない方であればいつもの生理と変わらないと判断してしまうかもしれません。普段から量が多ければ、少ないと感じると思います。

自分の、普段の生理の量がポイントになりそうですね。

着床出血と思っていたら、ドロッとした塊が出てくることがごくまれにあるようです。問題ない事がほとんどです。心配な時は、塊を産婦人科に診てもらうといいかもしれません。

「流産」の可能性


「流産」の可能性があることは確かですよね。この場合、腹痛があり、大量の出血があるので、着床出血という認識からは外れるようですね。

その他、「化学流産」という事も考えられます。「化学流産」とは、着床したもののそれ以上、成長しなかった時におこる現象です。処置がいらないほど、気付かないうちに起こるものです

心配な場合は産婦人科に相談するといいですね。

着床出血はどのくらい続く?


気になるのは、着床出血の期間ですよね。

だいたいが、1~3日で症状が治まることがほとんどです。しかし、こちらも個人差になるので、3日以上、1週間続く方も稀にいるようです。この期間が、長くなることで生理と勘違いしやすくもなりますね。

妊娠している可能性があれば、着床出血であれば妊娠検査薬の反応も出るので使えます。着床出血の時点でも反応は出ますので、気になる方は使ってみてもいいかもしれません。

この時点で、出なかった場合は1週間後にまた再検査してみると正確な反応が出ます。

長く続くのは大丈夫?


個人差があるとはいえ、あまり長く出血が続くのは心配ですよね。

不正出血の可能性があります。あまり長くなっていたら、産婦人科での受診をおすすめします。同時に、痛みがある時は期間に関わらず産婦人科に連絡をしましょう。妊娠中の腹痛は、心配のいらないものもありますが、心配な時もあるので、念のための受診をおすすめします。

まとめ


着床出血は、少量でピンクや鮮血の出血の色です。個人差があるので、量や色に違いがあるので、必ず少量とは限りません。

量が多いと言って、異常という訳でもないので、痛みがなければ様子を見ましょう。そして、長く続いたり大量であれば、産婦人科の受診をおすすめします。