子宮頸管とは?


子宮頸管とは、子宮の下の方にあり子宮の内側と外側をつなぐ管になります。子宮の出口となりますね。

妊娠中には子宮頸管が閉じて赤ちゃんが下がってこないように阻止する役目を果たしています。出産が近づけば、子宮頸管の長さが短くなり出産が出来る状態となります。

その子宮頸管が短くなる原因の一つとして、「子宮頸管無力症」というものがあります。これはどういったものなのか、詳しくご紹介いたします。


スポンサードリンク


「子宮頸管無力症」って?


その名の通り、子宮頸管に力が無くなり本来閉じていなければいけないものが、緩くなり短くなって子宮口が開いてしまうことを言います。
そのため、子宮頸管無力症になってしまうと、切迫流産や切迫早産の危険があります。その他、破水して出産になるケースもあるので十分に注意したいですね。

原因は?


もともとの体質的に子宮頸管の筋力が弱いことが主な原因と言われています。そのほか、子宮頚部の手術をした経験があったり、過去に流産や中絶の経験があることなどが原因としてあります。妊娠後期に、子宮収縮が原因で子宮頸管が短くなるのは、子宮無力症とは違うようです。

ごくまれですが、1人目の時はならなかったのに2人目以降の、妊娠、出産で突然「子宮頸管無力症」なってしまうケースもあります。原因は様々挙げられますが、きちんとした原因が不明な事が多いようです。

症状は?


症状は、自覚症状がないのが子宮頸管無力症の特徴のひとつです。まれに、お腹が張ったり出血したりという症状があるようですが、症状が出にくく気付かないうちに病状が進んでしまうケースがほとんどのようです。

自覚症状がないまま、子宮頸管が緩んでしまうため切迫流産や切迫早産などになってしまうので、怖いですよね。あらかじめ予防できるといいですが、予防策はあるのでしょうか?


スポンサードリンク


対処法は?


自覚症状もないので、予防策もないのが現状のようです。しかし、前回の出産時に子宮頸管無力症になった経験があれば、予防することが出来るようです。

それは、子宮頸管縫縮術という手術を行うことも出来ます。糸などで、子宮頸管を縫って縮める方法になります。出産間近になる頃に糸を抜き、出産を迎えることになります。

妊婦健診はきちんと受けましょう


定期的にある、妊婦健診。これをきちんと受けることによって子宮頸管無力症を早期発見できるケースもあります。経膣超音波検査をすることで、子宮頸管の状態も診察が出来るため、妊婦健診はきちんと受けましょう。

初産の方だと、自覚症状がないので自分で気付くことは難しくなります。そのため、妊婦健診で早期発見が出来ることが望ましいですね。早期発見が出来れば、切迫流産や切迫早産を回避できます。そして、元気な赤ちゃんを無事に出産もできます。

子宮頸管無力症になってしまったら?


子宮頸管無力症になる妊婦さんはごく一部ですが、自分がもしなった時には焦らず、産婦人科の医師の判断に任せることが大切です。先ほどにもご紹介したとおり、早期発見が出来れば子宮頸管を縛るなどの手術が出来ます。そうすることで、赤ちゃんも無事に元気に出産できた!という方はたくさんいます。

子宮頸管無力症と診断を受けて、心配になるのは当たり前です。早く生まれてきてしまったらどうしよう・・・など、心配してストレスに感じてしまうのは赤ちゃんにとっても良くありません。

産婦人科の医師の判断に任せて、もし何か症状が出たり異変があればすぐに産婦人科に連絡をすることで少しでも不安が和らぐのではないでしょうか。

まとめ


妊娠をして出産までお腹の中で赤ちゃんが成長をする中で、子宮頸管無力症になってしまって喜びよりも不安が大きくなってしまいます。
子宮頸管無力症になっても元気な赤ちゃんは成長し出産できます。赤ちゃんの生命力を信じてあげてくださいね。