子宮内膜症とは?


20代~40代と幅広い年代の女性に発症する恐れがある、子宮内膜症ですが最近では芸能界の女性でも発症したと話題になっています。一体どのような病気なのでしょうか。

まず子宮内膜というのは、子宮の中、内側に出来る組織のことを言います。この子宮内膜が、妊娠の為に受精卵が着床できるように壁を丈夫にします。しかし、着床しなかった場合は、この壁が剥がれ落ちて排出されますが、これが生理となります。

子宮内膜は子宮の内側にしか出来ないのですが、これが何らかの原因で卵巣などの子宮以外にも組織を作ってしまう事を、「子宮内膜症」と言います。

以前は、30~40代に多かったのが、最近では10~20代にも患者数が増えてきています。


スポンサードリンク


原因は?


気になるのが、原因ですが・・・今のところはっきりとした原因が見つかっていないのが現状です。

若い世代に、患者数が増えている原因は、ライフスタイルの変化だと言われています。食生活の変化や月経開始が低年齢化、過度なダイエットなどストレスも多く抱えている人も増えてきました。そのため、若い世代の子宮内膜症患者が増えているのではないかと言われています。

症状は?


ご自身の症状と照らし合わせて、該当する項目があるかどうかチェックしてみましょう。

・月経痛(生理痛)が、以前より痛みが増した・酷くなっている
・月経痛(生理痛)で、鎮痛剤を飲む量が増えている
・月経(生理)以外で下腹部痛が起きる
・不正出血がある
・性交時に、痛みがある
・妊娠を希望しているが妊娠が2年以上ない、不妊の悩みがある
・排便時に痛みがある

以上の症状に当てはまる項目はありましたか?もし該当項目が1つでもある場合、子宮内膜症の可能性があります。婦人科にかかり受診をおすすめします。早期発見が重要です。


スポンサードリンク


他にも症状がある?!


先ほどご紹介した症状以外にも、子宮内膜症に起きる症状があるようです。熱や吐き気など、一見、子宮とは関係ないように思えるような症状も子宮内膜症が引き起こしている症状になります。その他、胃痛や腰痛、肩こりも子宮内膜症の症状のひとつになります。

治療法は?


子宮内膜症になってしまった場合はどのような治療法が行われるのでしょうか。

子宮内膜症の治療法には、大きく2つに分かれます。薬での治療と手術治療に分かれます。治療法の選択としては、病状の進行状態や年齢、今後の妊娠の希望の有無などで治療法を決定します。

長い期間かけて薬治療を行ったり、開腹手術や開腹せずに行う手術など、様々です。これらは、担当医師と相談し費用や将来のことを考えながら決定していきましょう。

気になる症状があれば、まずは病院に行き検査を行いましょう。自分が子宮内膜症なのかどうか、進行状態はどうなのかなど知っておくことが治療への第一歩です。

治療をしても、再発がしやすいですので治療が終了したからといって、完治したとは言えない場合があります。定期的な検査を受けておくと安心ですね。

子宮内膜症にならないためには?


子宮内膜症の原因がはっきりとわかっていないため、予防法や対処法なども同時にわかっていません。しかし、バランスのとれた食生活や適度な運動、ストレスをためないように過ごすことなど、健康的な体作りが重要です。

体を冷やさないようにするなども大切です。これは、生理痛などの改善にもつながりますので、ぜひ心がけてみてはいかがでしょうか。

まとめ


不妊や激しい生理痛が実は、子宮内膜症だった。という事はよくあるようです。自己判断せずに、一度、診察や検査を受けてみると安心が出来、適切な治療が受けられますので、病院へ行ってみてくださいね。

普段の生活習慣も、見直すいいきっかっけになるかもしれません。