子宮内膜症とは?


女性特有の子宮の病気のひとつになります。20~40代の女性と幅広い年代の方が、診断されています。最近では、出産経験のない10代の女性でも子宮内膜症を発症の恐れがあるようです。

妊娠をするために、受精卵が着床できるように子宮の内側に子宮内膜という組織を作り、壁を厚く丈夫にすることで、妊娠を成立しようとします。


スポンサードリンク


妊娠が成立しなかった場合、子宮内膜でつくられた壁は剥がれ落ちていきます。これが、生理となります。

この、子宮内膜という組織が子宮以外の卵巣などの場所で子宮内膜が作られてしまう事を、子宮内膜症と言います。この、子宮内膜症という病気は、原因がはっきりしておらず、不妊治療などで気付く場合も多いようです。

最近では、女性が社会での活躍がある一方でストレスや食生活の乱れなどから、子宮内膜症になるのではとも言われています。初潮が早まり、閉経時期も遅くなっているのも一つの原因だとも言われています。

どんな症状?


子宮内膜症の症状は、生理が酷く感じられた時や以前より酷くなったなと感じた時が、子宮内膜症を引き起こしている場合が多いようです。

生理痛が酷くなった、排便痛、性交時に痛みがある、不妊で悩んでいる、不正出血などがあげられます。生理が、いつもより酷くなった時や鎮痛剤が効かなくなったなど、いつもの生理に異変を感じたら、子宮内膜症の疑いがあります。

そして、不妊で悩んでいる方はもしかしたら、子宮内膜症で不妊になっている可能性も十分にあります。不妊治療を始めたら、実は子宮内膜症だったというケースも少なくありません。

その他の症状としては、腰痛や頭痛や吐き気、発熱など一見、子宮内膜症とは関係がなさそうな症状もあるので、安易に自己判断は避けましょう。

子宮内膜が癒着って?


生理以外に下腹部痛が起きたり、腰痛や不正出血が起きたりすると子宮内膜症がかなり進行している状態となります。このような、進行状態になると、腸が子宮や卵巣と癒着している可能性が出てきます。また、他の臓器でも癒着している可能性も十分に考えられます。生理以外でも、痛みを感じていれば子宮内膜症でも危険な状態の場合も考えられるので、一度、病院に行き検査することをおすすめします。

子宮内膜症がさらに悪化してしまい腸などに癒着をしていれば、腸閉塞を引き起こしてしまう可能性も出てきます。この腸閉塞が原因で、腸が破裂してしまう危険も十分に考えられます。ここまで、症状が悪化となれば腸を一部切除するなどの、手術治療が行われます。

腸などに癒着しているかどうかは、超音波などの検査では見つけることが困難な場合が多いようです。このようなケースは、MRIなどの腹腔鏡での検査で腸などに、異変がないかどうかを診察して発見に至ることが多いようです。


スポンサードリンク


治療法は?


癒着していれば、開腹手術などの手術治療が主となります。子宮内膜を摘出して、その後も検査を定期的に行います。

癒着していない状態であれば、薬での治療も考えられ、担当医師と相談して決定することとなります。費用は、治療方法や内容によって変わってきます。また、妊娠の希望の有無などでも治療方法が違いますので注意しながら決定しましょう。

まとめ


生理痛の酷い痛み以外にも、生理以外での腰痛や下腹部痛は特に注意が必要です。病院には行かず、そのまま放置して症状が悪化してしまうケースも十分に考えられます。

少しでも、異変を感じた場合は病院に行き検査を受ける事をおすすめします。不妊で悩んでいる方もまずは、子宮内膜症ではないかどうかを検査すると、実は子宮内膜症だったという事も考えられます。