2人目の不妊



1人目を妊娠して出産を終えて、そろそろ2人目が欲しいなと感じているころに、いつかは妊娠すると信じて疑わないですよね。まさか、2人目で不妊となるなんて考えもしないと思います。

しかしながら、2人目で不妊となって治療を行うケースも少なくありません。とはいえ、2人目の不妊は自覚が少ないのも事実です。


スポンサードリンク


2人目不妊の原因は?



①まず1つ目は、1人目の育児や家事のストレスが原因で不妊になるケースです。これは、初めての育児でわからない事ばかりですよね。その中、家事もこなすとなると精神的・身体的にも辛い場合もあります。

②2つ目は、1人目の出産が原因で不妊になってしまうケース。これは、意外な気もしますが、1人目で帝王切開の場合は特に注意が必要となります。傷跡が経血が溜まって受精卵の着床の妨げになったりなど、自分では気づかない異変が起こりえます。


③年齢が上がったため。2人目ですから、1人目との間をあけて妊娠をのぞむため、育児や仕事の状況により、そろそろ・・・と思った時には、年齢が上がってしまったというケースも少なくありません。

④性行為の回数が減った。これは、正直なところ、自然な事でもあるんですよね。女性側は、特に育児に家事に仕事に追われて気を休める日がありません。その中、夫婦の営みの時間さえ惜しい日もあります。出産後、母性本能が強くなるため性欲がなくなるケースもあります。

⑤もともと、不妊の可能性があった。これは、冷え性や生活習慣の乱れ、太りすぎや痩せすぎの体型の場合は、不妊になりやすい原因となってしまいます。

⑥パートナーが変わった。1人目の場合は、普通に妊娠しても離婚や死別でパートナーが変わってしまうケースもありますよね。この場合、パートナーが変わったことで妊娠が難しくなるケースがあります。卵子と精子の相性に問題がある場合は、不妊となるケースになります。


スポンサードリンク


対策は?



まずは、自分で出来る対策としては、生活習慣を整える事から始めましょう。規則正しい生活をして、適度な運動をしてバランスのとれた食事をしていきましょう。

その他、重要なのがホルモンバランスを整える事です。ホルモンバランスが崩れてしまうと、排卵がしにくくなったり卵子の質が悪くなったりなど、女性の身体には大切なホルモンバランスです。


女性に多い、冷え性の改善もしなくてはいけません。身体が冷えていると、卵子の成長が悪く質が落ちてしまい、排卵もうまくできなくなってしまいます。そのため、冷え性は妊娠を希望するうえで、大敵になってしまいます。

おすすめしたいのが、葉酸の摂取です。葉酸は、妊娠前から妊娠初期に摂取をすると胎児にはとても重要な栄養分です。


葉酸は、妊娠しやすく流産のしにくい体質に改善を促してくれるようです。サプリメントで摂取することが、望ましいので積極的に摂取をして欲しいですね。勘違いしてほしくないのが、必ず妊娠するとは限りません。あくまで、妊娠しやすい体質に改善してくれるものですので、注意しておきましょう。


病院に相談



2人目だから、いつか妊娠する・・・とは限りません。2人目を希望してから2年以上空いた場合は、不妊かもしれないと考えておきましょう。ちなみに、授乳期間を除いて年数を数えましょう。

2人目が妊娠できない事は、変な事ではありません。ホルモンバランスの乱れなど様々な原因があります。病院でまずは相談してみることも、2人目妊娠の近道かもしれませんね。


まとめ



2人目だから必ず妊娠するから大丈夫と、自己判断をして決めつけてしまう事は避けましょう。

なかなか妊娠できないなと感じたら、ご自身とパートナーで生活を振り返ってみましょう。そして、2人で不妊治療を行っていきましょう。