夜泣きに旦那は起きない?



赤ちゃんが夜泣きしているのに全く気が付かずに寝ている旦那は悪気があって寝たふりをしている訳ではなく単純に、起きられないだけのようです。

女性は、妊娠後期からプロラクチンというホルモンが分泌されることにより赤ちゃんの泣き声などに反応して目覚めることができますが、男性にはそれがありません。


スポンサードリンク


プロラクチンは母乳を分泌させ、産後、数時間おきの授乳ができるよう眠りのスタイルを変える働きがあります。産後、プロラクチンの量はゆるやかに低下しますが、赤ちゃんが泣いた時や睡眠時に一時的に量が増え、母乳を分泌させます。

そのため赤ちゃんが夜泣きなどで泣いた時に身体が反応し、母乳を分泌してママは目覚める様になっているのです。


また、男性は女性よりも深く眠る性質を持っているので、赤ちゃんがどんなに泣き叫んでも起きない事は珍しくありません。男性は深い眠りについている時間が長いです。

女性はもともと深い眠りにつく時間が短く、睡眠と覚醒のサイクルが男性よりも短いのです。その上、当然ながらパパは母乳を出すことができません。

ホルモンの影響で夜中に目覚めやすいママと比較して、男性である旦那が一度眠ったら起きないのは、深く寝入っている時間が長いからという理由もあります。

夜泣きに旦那は怒ることもある?



男性は仕事に行かなければなりませんので、翌日の仕事に備えてしっかりと睡眠をとらなければなりません。そんな時に、夜泣きに起こされていたら睡眠の妨げになり、うるさいと怒る旦那もいるでしょう。

夜泣きしているのに全くあやさず赤ちゃんをにらみながら乱暴な口をきいて、子供が益々泣くともっとイライラするという悪循環に陥るケースもあります。


スポンサードリンク


旦那の休日は夜泣き対応をお願いしよう



毎日の様に泣き叫び、何をしても泣き止まない赤ちゃんの対応に疲れて精神的にも肉体的にも追い込まれていきます。

ママ一人で毎日夜泣きと格闘する日々を送るのはいつの日か限界がきますので旦那と話し合い旦那の仕事が休みの前の日は、夜泣き対応を旦那に任せる様にしましょう。

1週間のうち2日だけでもゆっくり寝られることでずいぶん楽になります。


全く協力しない旦那もいる?



夜泣きの時に、うるさいと言う旦那は恐らく夜泣き対応に協力してくれる事は難しいでしょう。

旦那が協力してくれないとママのイライラを加速させてしまいますが、では夜泣きの時、旦那がどんな態度を取れば正解なのか、それは一人1人のママによって違うことです。

声をかけてもらって嬉しいと感じるママもいるでしょうし、旦那と寝室を別にして、完全に一人で赤ちゃんに向き合った方が楽だと感じるママもいます。


ですから、まずは夫婦間で、夜泣きの時はどちらがどんな対応をするのかというルールを作っておくことが大切です。旦那にしてほしいこと、してほしくないことを明確にし、ママが旦那に何を望んでいるかをきちんと伝えておくと、お互いのイライラも減るでしょう。