■妊娠しやすい時期の基礎体温は?


基礎体温とは、普通の体温計ではなく、専用の体温計によってより精密に測定した体温のことです。継続して計り続けることによって排卵や月経などの周期を予測することが可能になり、自分で体調の変動を管理・コントロールできるようになります。

また、排卵や月経が予測ができることによって避妊のサポートだけでなく、妊娠しやすい時期を割り出すことができるので妊娠を目指している方にとって基礎体温は不可欠なものとなります。


スポンサードリンク


基本的には、基礎体温は排卵日直前になると急にガクンと下がります。月経周期の中でもっとも体温が低い日で、この日が来てから2・3日の間に排卵が起きる可能性が高いです。妊娠を希望している方は、この日から積極的にタイミングをとるようにします。精子や卵子の寿命を考えると、体温が下がった初日と3日目の2回はタイミングをとっておきたいところです。

確実に排卵日をおさえておきたい方は、予測排卵日の1週間前くらいから基礎体温に排卵検査薬を併用しておくといいでしょう。排卵検査薬は排卵が起こる前に大量に分泌されり黄体ホルモンに反応します。この排卵検査薬が陽性反応を示してから24時間以内に排卵する可能性が非常に高いということになります。

また、避妊を目的とする方はこの日あたりは性交渉を一切しないか、いつもよりより厳重に避妊をするなどして妊娠を回避します。

その後、基礎体温は高温期に入ります。高温気と低温期の見分けかたとして、体温に0.3度から0.5度ほどの差があることです。もっとも体温の低い日からジワジワと高温期に移行していく方もいれば、突如として高温期になる方もおり、高温期の入り方は人それぞれです。

そして基礎体温の正確なデータを得ようと思えば、まずは3ヶ月は必要です。毎日同じ時間に基礎体温を計って自分の体のリズムや法則を理解しておくことが大切です。


スポンサードリンク


■生理前や生理後の基礎体温は?


健康な女性は、排卵を終えると高温期に入ります。その体の体温を高めることによって妊娠する力をサポートしているのです。妊娠していなかった場合は自然と高温期は終了して低温期に移行していき、やがて生理がきます。

高温期や低温期には、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが綿密に関係しており、エストロゲンは卵胞ホルモンを分泌して子宮内膜を厚くするのですか、この際に体温を下げるという働きがあります。これが低温なのです。

かたやプロゲステロンは、排卵日前後から分泌されて子宮内膜の厚さを維持しするために体温を上げて高温期をキープする働きがあります。

妊娠が成立していない場合に体温が下がるのは、妊娠してない以上、プロゲステロンの分泌が必要なくなったため、プロゲステロンが減少していくからなのです。そしてまたエストロゲンが分泌をしはじめて次回の排卵にそなえることになります。

また、妊娠が成立するといつもの生理前と違い、高温期が続きます。妊娠を継続させるためにプロゲステロンは分泌され続け、更にその分泌量を増やしていきます。それによって、そのまま高温期が続くだけでなく、もう一段階体温が上がるという方も多いです。このように、基礎体温は排卵後から生理の前までは高温期が続き、生理直前から生理中、その後の排卵日までは低温期というリズムを繰り返しています。

■基礎体温を計るタイミング


基礎体温は通常の体温のように、いつでも計っていいというものではありません。正確な基礎体温を知りたければ、起床してすぐに計ることが大事です。また、体がもっとも安静にしている状態で計ることが必要なので、起きたら横になったまま基礎体温を計りましょう。あらかじめ枕元に基礎体温計を用意しておくといいですよ。