■女性の不妊症について


不妊症とは、健康な男女が妊娠を望み1年間避妊をせずに普通に夫婦生活を送っているにも関わらず赤ちゃんを授からない状態のことを言います。通常であれば、1年間避妊をしなかったら8割以上の夫婦は妊娠に至るものとされています。更には2年間ともなると9割の夫婦が妊娠に至ると言われています。

何か明確な原因がある場合もあれば、原因が不明な場合もあります。妊娠を希望する夫婦にとって赤ちゃんを授かれないことはとてもツラく悩みの種ですよね。また、不妊は女性に何らかの問題があるように思われがちですが、男性にも原因があることが多いです。


スポンサードリンク


精子の生命力が弱くて活動が少なかったり、あるいは全く活動していないということがあります。もし不妊の疑いがあった場合は女性だけでなく男性も一緒に不妊の原因を調べる検査をする必要があります。

■不妊症女性の原因と割合


不妊の原因には色々あります。

多嚢胞性卵巣症候群などで排卵が困難であったり無排卵などの排卵障害や、子宮に生まれつきの奇形があったり子宮内にポリープや子宮筋腫があったり、ホルモンバランスの乱れで子宮内膜が薄くて着床に適さない状態にある着床障害など女性にとっての不妊の原因は様々です。

排卵障害は排卵に問題がありそもそも受精する・着床する以前の問題なので早急に解消する必要があります。正常な排卵が起きているかどうかは、ちゃんと規則的に生理が来ているかや基礎体温によってわかることが多いです。

着床障害は、卵子と精子が受精することは出来るのに無事に子宮内膜に受精卵が着床できなかったり、出来たとしてもうまく育たなかったりします。子宮の奇形やポリープなどで着床に問題がある場合は適切な治療もしくは手術によって解消するなりとなるので医師の指示に従いましょう。

他には、免疫的な問題によって不妊になっていることもあります。免疫異常により、対精子抗体や精子不動化抗体などの精子の働きや動きを邪魔したり止めてしまう抗体を生まれながら持っている女性もいます。体内に精子が入ってもこれら抗体によって精子が正常に活動することが出来ずに不妊の原因となってしまいます。

また、日常的に強いストレスにさらされていたり、寝る時間や睡眠時間が不安定な不規則な生活や栄養バランスの乱れた食生活、喫煙や過度な飲酒、体の冷えなども不妊に繋がるとされています。


スポンサードリンク


そして肥満気味の人や過度なダイエットで細身になった人も、不摂生な生活でホルモンバランスが崩れているので不妊であることが多いです。特に短期間で急激に体重が増加した・減少したという方は注意が必要です。

不妊を解消したいのならば、まずは自分の今の生活を見直して改めるところからはじめてみましょう。

また、35歳以上になると自然妊娠に至る可能性がこれまでよりグッと下がってしまい、不妊になる可能性が高くなります。40歳前後になると、年齢が高いというだけで不妊の原因とされてしまうことがあります。

高齢の場合は妊娠に至ったとしても流産や早産のリスクが若年と比べると高くなり、母体にも妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群や分娩時の難産などのリスクが高いです。

そして不妊に悩む女性は6人に1人と言われており、更には35歳以上になると5人に1人が不妊症であると言われています。現代は女性の社会進出が進んでいくのと同時に年々晩婚化も進んでいます。そうなると必然的に初産年齢も高齢になっていき、不妊に悩む女性もどんどん増えています。

そうなると、早めの不妊治療が妊娠するのに一番確実です。

不妊治療は1歳でも年齢が若いほうが成果も出やすいので、自分が不妊症かもしれないと思ったタイミングで病院を受診することを強くおすすめします。