■不妊治療で使う注射ってどんなもの?


不妊治療とひとことで言っても、治療内容は様々です。不妊治療始めたての初心者の方はまずは基礎体温をもとに問診を行い、内診で子宮内などの様子を診察して、問題がなければタイミング法から入っていく方が多いでしょう。

そんな不妊治療の中で、注射を用いた不妊治療の方法があります。多嚢胞性卵巣症候群などで排卵が困難であったり、なんらかの事情で卵胞が育ちにくかったりなど排卵に障害のある方や、排卵はあり、受精することは出来るのですが着床が困難だったり、妊娠の継続が不安定な方に「注射」によるフォローをすることがあります。


スポンサードリンク


不妊治療でよく使われる注射にhMG注射とhCG注射というものがあります。

hMG注射は「ヒト閉経ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンの1つで、これを打つことによって卵胞刺激ホルモンを分泌させて排卵に必要不可欠な卵胞を育てます。基本的には、クロミッドなどの内服薬などで思うような効果が得られなかったときに。ステップアップとしてこのhMG注射を使用するということは多いです。

hCG注射は「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンの1つであるhCGを直接体に打ちこむことによって女性ホルモンの1つである「プロゲステロン(黄体ホルモン)」を補充して子宮内膜を充実させて分厚くしたり、基礎体温の高温期をキープしたりなど、妊娠を助ける体内環境作りをするための働きをします。

また、排卵誘発にもかなりの効力を発揮しており、このhCG注射を打ってから36時間以内に排卵させることによってタイミング法の手助けをする働きもあります。


スポンサードリンク


■不妊治療の注射、太る副作用がある?


効力の高い薬には大なり小なりの副作用が付き物であり、この不妊治療に使われる薬も例外ではありません。とくに注射はかなり効力に高いものなので、副作用が出る方は少なくありません。

「不妊治療を始めたら太った」「hCG注射を半年打ち続けたら5キロ太った」という人など、これまで体重の変動がなかった方が不妊治療の注射を打ち始めることによって短期間で体重が増加するということが結構あります。

これは決して注射の成分中に太る作用のあるものが含まれているわけではなく、黄体ホルモンが補充されることによって食欲がわいたり、妊娠のために水分や栄養を溜めこみやすくなったり、女性ホルモンの影響によってお腹周りに脂肪がつきやすくなったなど、結果として体重増加につながるということが多々見られます。

あまりにも体重が増えすぎるのは体に毒ですが(後々に妊娠したあと、妊娠高血圧症候群などの妊娠中のトラブルや、脂肪によって産道が狭くて難産になるなどのトラブルがある)、食欲を無理に抑え込むのもストレスになるので、ある程度の体重増加は受け入れて、健康的な体重の範囲でキープできるよう、うまく調節できるように頑張りましょう。

また、hMG注射による深刻な副作用の1つに卵巣過剰刺激症候群(OHSS)というものがあり、卵巣が過剰に反応して腫れあがってしまいます。症状が進むと、胸水や腹水などが溜まり息苦しさ膨張感を覚えることがあります。人によっては他の症状で吐き気や嘔吐があります。

そして体重が短期間に激増するものこの卵巣過剰刺激症候群の特徴でもあります。ウエストも、今まで履いていたスカートやズボンが入らなくなり、「ちょっと太った?」なんて気楽に構えられるレベルではないので異常だと思いましょう。何だか様子がおかしいと感じたら、すぐに病院を受診するようにしましょう。

そして人によっては不妊治療による単純なストレスによって太ってしまったという方もします。太る原因は様々ですが、様子を見ていいものとそうでないものの見極めはしっかりとしておきましょう。