■不妊検査に行くタイミング


結婚している方もそうでない方も、いざ赤ちゃんがほしいと思ったときになかなか授かれないというのはツラいですよね。特に結婚して現在妊娠をするために努力されている方なら「そろそろ自分たちだけで妊娠を目指すのは難しいかも…」と感じ始めている方もいることでしょう。

自力での妊娠が難しいと感じた方の頭には「不妊治療」というワードが浮かぶでしょうが、まずは「不妊検査」を受けて自分やパートナーの体の様子を知る必要があります。

不妊検査を受けることが望ましい方は、健康な男女が1年以上避妊をせずに普通に夫婦生活を送っているのに妊娠に至らない場合や、高齢出産といわれている35歳以上の方などです。


スポンサードリンク


通常、避妊せずに夫婦生活を送っているとおよそ7割から8割の夫婦が妊娠に至ると言われています。

ただ単純に、この1年ではタイミングが合わなかっただけ(不妊ではなく、あくまでタイミングの問題)という方もたくさんいますが、子宮筋腫などの病気やホルモンの異常、精子の問題など妊娠を阻害する原因が潜んでいる場合もあります。

そして35歳以上になると急激に妊娠する確率が下がります。卵子の劣化が著しくなりはじめる時期であり、体外受精による不妊治療も成功率が低くなりはじめる時期でもあります。

35歳以上の方で子供が欲しい方は、自己流での自然妊娠を待たずにとりあえず不妊検査だけでもしてみるといいかもしれません。

そして、不妊検査を受けるのに特別な要件はなく、未婚の方でも「もし将来子供を望むとなったときに妊娠できる体なのか知りたい」という方でも当然受けることができます。

親が妊娠するのに苦労したという方、もとより生理不順で月経周期が安定しない方、基礎体温をつけているけどグラフが安定しない方など、不安を感じるようであれば安心するためにも是非不妊検査をしてみましょう。

また、不妊検査をしたからといってすぐに不妊治療を始めなければいけないというわけではありません。とりあえず原因が知りたかっただけという方もいますし、この結果を踏まえた上で夫婦で今後を相談したいという方もいるでしょう。

いざ不妊治療を始めるとなると、進んでいくにつれてお金も時間もとてもかかるものです。検査結果を踏まえて、今後の事をよく考えましょう。


スポンサードリンク


■不妊治療の初診


不妊検査の結果、不妊治療をすることを決めた方は不妊に明らかな原因がある場合はその原因の治療や、原因に合った不妊治療に入ります。
しかし不妊の原因がわからないという方もたくさんいます。

そういう方が不妊治療に入るときはタイミング療法から始めることがほとんどです。タイミング療法とは、月経周期や基礎体温を元に排卵日を予測した上で性行為のタイミングをはかることです。

排卵期が近くなると病院で卵胞の成熟具合をこまめにチェックして排卵の時を待ちます。卵胞が18ミリから22ミリくらいになると排卵が間近なので、様子を見た医師によって「今夜(明日)にでもタイミングを取ってください」などの指示が出ます。

その指示に従いタイミングを取ります。人や場合によっては卵胞の発育を促すホルモン剤や排卵を促す排卵誘発剤などを使ってタイミング療法をサポートすることもあります。

このタイミング療法を始めて1年くらいで妊娠に至る方は8割くらいいます。不妊治療の前はタイミングが合ってなかったという方も多いです。

このタイミング療法で結果が出なかった方は、ステップアップして人工受精や体外受精などに移行することも視野に入れましょう。また、35歳以上の方は1年を待たずに半年くらいでタイミング療法で結果がでなければステップアップを検討してもいいかもしれません。