子宮腺筋症とは、子宮の筋肉の中に子宮内膜によく似た組織が増殖する病気です。悪性ではないのですが、進行すると重たい生理痛や貧血などを引き起こしたり、人によっては不妊の原因になったりもするので出来るだけ早めに治療にとりかかりたい病気です。

子宮腺筋症には具体的にどのような治療があるのかというと、ホルモン療法や手術による治療などがあります。

ディナゲストは黄体ホルモン製剤で、子宮内膜の増殖を抑制する働きがあります。それによって子宮腺筋症の症状である重たい生理痛を抑えることができます。


スポンサードリンク


時を重ねるたびに重たくなっていく生理痛を抑えることができるのはかなりの大きな利点と言えるでしょう。また、排卵や生理を止める偽閉経療法のように6ヶ月という治療期限がなく、長期的に服用することができるというのも、子宮腺筋症で苦しむ女性にとっては助かるポイントです。

ちなみに、ディナゲストの類似薬であるダナゾールと違い血栓症のリスクがないのも嬉しい点です。

しかし、副作用として不正出血をするおそれがあります。ディナゲストを飲み始めのころは割と多目に出血することがありますが、慣れてくると徐々に減ってきます。もし出血が多量であったりダラダラと続く場合はすみやかに婦人科を受診するようにしてください。

ディナゲストのほかには「ミレーナ」という器具を使った治療方法もあります。ミレーナは「リング」とも呼ばれており、子宮に入れることによって効果を発揮します。

ミレーナの特徴としては「黄体ホルモンを放出し続ける」というところにあります。ミレーナには黄体ホルモン製剤が染み込まされており、それが子宮内で持続的に放出されるのです。

黄体ホルモンであるプロゲステロンは子宮内膜が厚くなるのを抑制する働きがあります。子宮腺筋症は子宮内膜によく似た組織が子宮の筋肉に入り込んで、月経を繰り返すたびに重くなっていくので、それを黄体ホルモンで抑制することによって症状の悪化を防ぐことができます。

そしてミレーナには子宮腺筋症の治療以外にも、女性専用の避妊器具としても効力があります。黄体ホルモンを放出することによって子宮内膜が厚くなるのを防ぎます。そうすることによって受精卵が着床しづらい環境作りをしているのです。

子宮腺筋症の治療や、女性が積極的におこなえる避妊として効果が高いミレーナですが、腹痛や不正出血を起こすこともあるのでよく体の様子を見ておくようにしましょう。そして異常を感じたらすぐに婦人科を受診して適切な処置を受けるようにしてください。

■このほかの子宮腺筋症で有効な治療方法


子宮腺筋症には色んな治療方法があり、ディナゲストなどを使ったホルモン療法などでツラい症状を和らげて治療することができます。

しかし、病状が悪化してホルモン療法では限界があると判断された場合には手術による治療を進められます。本来であれば子宮腺筋症の治療は手術によって子宮全摘出するのが1番有効であるとされています。

しかし、後々妊娠を希望している人や、もうすぐ閉経だという人は無理に子宮を取るのは望ましくありません。出来ることなら温存して妊娠への希望を残したり、閉経まで逃げ切りたいと思うものです。

そういう人のためにホルモン療法が有効なのですが、どうしても限界が来たときのために手術を視野に入れておかなければいけません。

また、手術でも「子宮腺筋症核出術」というものがあり、子宮全摘出ではなく、病巣のみを切り離して子宮を温存できる方法があります。この子宮腺筋症核出術をするにはある程度の条件が整ってなければいけません。子宮腺筋症で妊娠を希望している人は、医師によく話をきいておくといいでしょう。