ファスティング中に起こる下痢は、好転反応です。

下痢の症状が出たという事は良い方へ転じている証拠であり、一時的に悪化または不定愁訴が出るだけですので心配ありません。症状が良くなる前に一時的に悪くなりますが、それを境に体質が良くなっていく事なので安心ください。

好転となっているのは、「これから身体が好ましい方向に行く」途中の反応だからで、治療がちゃんと身体に効いているという証明ともいわれます。


スポンサードリンク


好転反応は、1日で現れ終わる人もいれば、何週間も続く人もいます。時には、何度も繰り返す人もいます。反応のしかたは、人によってさまざまなのです。

下痢になると、酵素ドリンクが体質に合わなかったのではないかと思ってしまいがちですが、違います。体内が浄化され、酵素の力で毒素を排出する為、それが下痢といった形で現れるのです。ですから下痢が始まったら、体内が浄化され始めたということになります。


ファスティング中に好転反応が出る理由は?



酵素が消化と代謝に必須の分子です。特に、1日3食が普通の現代では、消化に使われる酵素の量というのは非常に多く、代謝を行う酵素は常に不足気味な状態です。ところがファスティングをすると、これが逆転し、消化の必要がなくなった酵素が一気に代謝をはじめます。

つまり強いデトックス状態になるわけです。そのため、代謝がそれまで滞っていた方ほど排出の際の反応は強くなりがちです。


ファスティング中の下痢への対処法は?



ファスティング中に下痢が起こった場合、症状が落ち着くまで安静にするのが重要で、水を飲み過ぎていると腹痛や下痢になりやすいので摂取量を見直すことがポイントとなります。

もし、水分の量をコントロールしても改善されないようであれば、思い切って中断するのも選択肢の一つですが、耐えられるのでしたら、なるべくファスティングは続けてダイエットを成功させたいものです。


スポンサードリンク


というのは、そのまま酵素ドリンクを飲み続けても下痢は3日の間に収まっていくケースが殆どです。長期化した事例はほぼありません。


要は好転反応なので、体が健康に改善される前に、一時的に体の悪い部分に症状が出るという人間として正常な反応です。溜まっていた老廃物が血液中に流れ出すので、体が不健康な状態であった人ほど症状が強く現れる傾向があります。

逆に言えばこの好転反応が出ないものは効き目がない証拠として考えられています。好転反応があるという事は、ダイエットが順調に進んでいる証拠でもあるので、冷静に受け止めなければなりません。


酵素ファスティングでの下痢になるのはむしろ、長年溜まっていた体の中の毒素がデトックスされている状態なので、ポジティブに捉えるべき体の正常な仕組みです。

お腹が痛くなったり、ゆるめの便がでたりすることが増えるかもしれませんが、炎症などを起こしているわけではなくデトックスがなされているということなので安心してください。


定期的に酵素でファスティングしている方は、下痢などの好転反応は起こらないか起こっても軽い症状の場合がほとんどです。要は慣れの問題でもありますので、初めはきついかもしれませんが、そこを何とか乗り切ってダイエットに励んでいきましょう。

下痢は誰しもが通る通過点に過ぎませんので、それほど深刻に考えずに落ち着いてダイエットを続けていきましょう。好転反応を悪ととらえて辞めてしまっては勿体ないです。


ただファステイングを行う期間は休みを使った週末が良いです。平日ですと職場やトイレにいきにくい環境で起こってしまうと困るので、ファスティングダイエットに入る前に、あらかじめ環境を整えたり、スケジュールを調整したりしておくと良いでしょう。