宿便とは?


宿便とは、腸内にたまって排出できていない便のことです。滞留便とも呼ばれます。便は通常であれば24時間経過すれば自然と排出されますが、宿便の場合は排出できずにずっと腸内にたまっています。

宿便はこのように、腸の壁にはりついて、いつまでも滞留、残留している便のことを意味します。


宿便は万病のもと?


宿便が腸内に長く残っていると、腐敗して有害物質が作られます。毒素が体内に吸収されて血液を汚していき、ガンや高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の原因になります。


スポンサードリンク


腸に宿便が溜まれば「便秘」「肌荒れ」「身体のだるさ」「がん」など様々な体調不良が引き起こされるまさに万病の元なのです。

宿便が腸壁にこびりついているために、腸壁から栄養素が吸収されることができず、せっかく摂取したビタミンやミネラルが体内に取り込まれなくなってしまいます。

宿便がある人は、高価なサプリメントを摂取しても意味がなく栄養素が体内に取り込まれません。

宿便は便秘の人で5~6㎏、便秘でない人でも2~3㎏あると言われています。平均してもひとり4kg相当の宿便があります。

お通じに問題がないから宿便がないだろうと思っている方でも、知らず知らずのうちに宿便を溜め込んでいる恐れがあります。


宿便はファステイングで解決できる?


ファスティングを実践すると何も食べていないのにも関わらずかなりの量の便が排泄されます。実際に実践された殆どの方が普段普通に食べている時よりも遥かに多くの便が出ることが多いようです。

ファスティングで宿便が出やすくなる理由としてまず食べる量が制限されることによって詰まりにくくなることがあります。二つ目に胃腸が休まることにより身体が「代謝」のモードにスイッチが入り身体の傷付いた箇所を修復しようとしたり、宿便も外に出そう出そうとする力が一気に高まる事です。



ファスティングで宿便が出ない理由は?


ファスティングで宿便が出ないのは好転反応の可能性があります。ファスティング開始してすぐの頃は好転反応によって便秘が悪化してしまう事があります。この場合は時間の経過とともに解消されます。


ファスティングで宿便が出るまでの期間は?


ファスティングを開始して7日目くらいから宿便が出てくるとされています。また、早い人だと3日目あたりから出てくることもありますし、遅くても10日目くらいから出てきます。


スポンサードリンク


腸内環境によっては宿便が出るまでに時間がかかります。一般的な宿便が出始める目安の期間は、7日から2週間程度ですが、これは腸内環境によって大きく異なります。

悪玉菌が多くて腸内細菌のバランスが崩れている方は、ファスティングにより徐々に宿便が解消されていくとはいえ、当然宿便解消にかかる時間は長くなってしまいます。

また、体が常に冷えている方は腸の蠕動運動が鈍くなって、便が滞りがちになってしまうため宿便解消に時間がかかるとされています。


宿便が出ない時はマッサージが良い?



マッサージで腸の周辺の血行をよくすることで、腸を刺激し、排便を促します。おへその周辺をゆっくりと指圧し、さするだけでも効果あります。ただし、あまり強く押しすぎると腸にダメージを与えてしまいますので注意です。


マッサージではまず仰向けになります。お腹の上に手を置き、「の」の字を書くようにゆっくりとお腹をなでていきます。この時、力は入れ過ぎないで50回程度右回りで行ったら次は反対に50回程度行います。

次に同じように強めに押していきます。痛みを感じるようなら力を弱めて、手ごたえを感じたらその部分を中心にして多めに押すようにしましょう。20回~50回程度は行います。


それからお腹を思いっきりへこませます。この時、息は吐く状態になります。そして息を吸う時にお腹を思いっきり膨らませます。この動作を繰り返していると腸が動いていることを実感できます。