■卵巣嚢腫の症状で痛みはどんな感じ?前兆はある?


卵巣嚢腫とは卵巣を病巣とする病気の1つです。卵巣は排卵するには不可欠な臓器で、妊娠を希望する女性にとってはとても大切な臓器のですよね。また、女性らしさを象徴するものでもあるので、妊娠を希望する女性以外にとっても大切なものです。

そんな卵巣の病気である卵巣嚢腫、できるだけ初期に発見して対処したいですね。しかし卵巣嚢腫は初期の段階では無症状であることが多く、気が付くことが難しいです。


スポンサードリンク


初期の段階で分かるケースは、たまたま婦人科の定期検診を受けた際に発見したという人がほとんどです。症状によって卵巣嚢腫を発見するのはある程度卵巣嚢腫のサイズは大きくなっている段階であることが多いでしょう。

卵巣嚢腫の症状で、何かしらの痛みを伴うものがあります。卵巣嚢腫の1つであるチョコレート嚢腫の場合は、強い月経痛というものがあります。

そして最大の特徴としては「月経の回数を重ねるたびに月経痛の激しさが増していく」ということです。人によっては耐えたいレベルにまで達するので、毎月の月経がとても苦痛なものになります。

ほかにも、卵巣嚢腫のサイズが大きくなると腰痛に悩まされる人が多くなります。ほかの臓器を圧迫することによって便秘になる人も多く、便秘による腹痛もよくみられます。

どれも前兆らしい前兆はなく、「何だか痛いなぁ」と軽く受け止めてしまうことでしょう。気が付くと嚢腫が大きくなっていて嚢腫の大きさによって下腹部がポッコリしていて以上に気付く…というパターンが見られます。

そして卵巣嚢腫が原因となる1番の痛みは「卵巣茎捻転」によるものでしょう。卵巣口捻転とは卵巣嚢腫などの重みのよって卵巣を支えているじん帯がねじれてしまうことのよって起きてしまうものです。

じん帯がねじれてしまうのですから、その痛みはとても激しいものです。卵巣茎捻転を起こした人は、突然下腹部の激痛に襲われて座り込んでしまいます。

高熱が出て、嘔吐をしてしまう人もいます。前兆は全くないので一瞬何が起きたかわからないし、とんでもない激痛にパニックになってしまうこともあります。


スポンサードリンク


卵巣茎捻転を放置すると最悪卵巣を摘出することもあるので、卵巣嚢腫のサイズが大きくなってきて医者から手術を勧められている人は、出来るだけは早く対処できるようにしておきましょう。

■卵巣嚢腫にならないためにはどうしたらいい?


先ほどの章でお伝えしたように、卵巣嚢腫による痛みは出来れば経験したくありませんよね。

チョコレート嚢腫の特徴である「どんどん強くなっていく月経痛」も嫌ですが、卵巣嚢腫の存在に気が付かないでいつのまにか卵巣茎捻転して「突然の下腹部の激痛」に襲われることが1番怖いですよね。

そんなリスクのある卵巣嚢腫には出来るだけなりたくないものです。しかし、卵巣嚢腫になる具体的な原因は明らかになっておらず、誰にでも起きえるものなのです。

ですが、ストレスの多い生活を送っている人、身体が冷えやすい人、生活が乱れている人などが卵巣嚢腫になりやすい傾向があることから、これらを改善していけば卵巣嚢腫になるリスクが抑えられると言われています。

これをやっていれば絶対に予防できるというものではありませんが、ストレスを軽減したり、体を温めたり、規則正しい生活を送るということは卵巣嚢腫に限らず、健康全般に通じることです。

健康的な生活を送れた上に卵巣嚢腫のリスクを抑えられていると思うと、とてもいいことをしている気分になりますよね。健康的な生活と定期的な婦人科検診で、卵巣嚢腫が怖くないと思える日々が送れることでしょう。