■チョコレート嚢腫の痛み、どんな感じ?


チョコレート嚢腫とは、卵巣を病巣として発症する子宮内膜症です。その内膜の組織や外に排出されるはずだった月経の経血などが卵巣に溜まり、そして袋状の出来物が発生しその中にたまり出します。

その見た目の色が黒っぽい茶色でチョコレートのような色をしているので名前に「チョコレート」と付けられました。そんな美味しそうな名前のチョコレート嚢胞ですが、主な症状は強い月経痛や慢性的な腰痛などがあります。


スポンサードリンク


チョコレート嚢腫を患っている人の月経痛の特徴としては、月経を重ねるたびにどんどん重たくなっていくというところです。最初は鎮痛剤で乗り切ることが出来ていても、毎回ひどくなっていくので最終的には鎮痛剤が効かなくなってしまいます。

ただでさえ憂鬱な毎月の月経が「今回もさらに痛くなっているんだろうな」と更に憂鬱になり、生理直前には気持ちがふさぎ込んでしまうという人もいます。チョコレート嚢腫による強い月経痛はそれほど重たいな痛みなのです。

また、子宮内膜症全般で起きる慢性的な腰痛もあります。痛みの強い弱いは人それぞれなのですが、割と症状が思い人だと腰をそることができないくらいの人もいます。

痛みが弱い人は「何だか腰が痛い気が…」と思うくらいですが、症状が強い人は日常生活に支障が出るくらいのものなのです。

また、チョコレート嚢腫を治療せずに放置していると破裂することがあります。破裂したときは激しい下腹部痛に見舞われ、緊急で手術が必要になります。

出血がひどいとショック状態に陥ることもあるので充分に注意が必要です。

ほかにもチョコレート嚢腫が原因で起こる「茎捻転」なども同じように激しい下腹部痛が現れます。こうなってしまうと耐えられるレベルの痛さではないので早急に病院を受診して治療を行うようにしましょう。


スポンサードリンク


■チョコレート嚢腫の痛みを緩和する対処法


チョコレート嚢腫による痛みを緩和する方法はいくつかあります。強い月経痛は、初期のほうであれば鎮痛剤が有効ですが、月を重ねるごとに痛みが増していくのでいつか効かなくなってしまいます。

毎月薬に頼るのがイヤだという人もいるでしょう。薬を使わない方法としては、体をあたためるといいでしょう。女性の体にとって「冷え」というのは何1つとしていいことはありません。

チョコレート嚢腫を患っている人は体が冷えていて体の血行が良くないという人が多いです。血の流れの滞りはチョコレート嚢腫による症状をより悪化させます。

腰や下腹部、足先などが冷えているなと感じたらセルフマッサージしたり、足浴や半身浴してあたためたりなど、冷やさないことを意識しておくといいでしょう。

また、冷たい食べ物や飲み物を控えたりすることによってチョコレート嚢腫による腰痛や月経痛が少し軽くなるということがあります。

インスタント食品や外食、スナック菓子などは添加物の影響で体が冷えてしまうのでこれらをよく食べるという人は気をつけましょう。

そしてお酒は飲んでいるときは体がポカポカするので体があったまっているように感じますが実はその逆なのです。飲み過ぎないように気をつけましょう。

また、漢方を服用することによってチョコレート嚢腫の痛みを緩和する方法もあります。漢方は体をあたためるということはもちろん、水分の代謝を良くする効能があるものがあるのでそれを服用することによって痛みの緩和につなげます。

そしてストレスも症状を悪化させる原因です。体はストレスを感じると血流が悪くなります。日常的に忙しくてストレスの多い生活を送っている人も多いでしょうが、出来るだけこまめにストレスは発散してリフレッシュするようにこころがけましょう。