■チョコレート嚢腫が自然治癒する確率


チョコレート嚢腫とは、卵巣に袋状の嚢腫が出来てその中に月経時の経血や子宮内膜の組織が溜まってしまう病気です。

チョコレート嚢腫になると強い月経痛や慢性的な腰痛などの症状が出たり、経血の量が増えたりします。そして場合によっては不妊症の原因になってしまったりするので注意は必要です。


スポンサードリンク


こんなチョコレート嚢腫ですが、症状が出ていてもチョコレート嚢腫になってるとは思わず特に病院を受診して治療を受けることもせず過ごしている人もいれば、体の異常に気付いて病院を受診したらチョコレート嚢腫であることがわかったが、のちに妊娠を希望しているので出来るだけ手術や薬を使った医療の手を借りずに自然治癒を目指したいという人もることでしょう

(手術を受けると卵子の質が落ちることもあると一部では言われているようですが、必ずしも妊娠に差し支えるわけではありません)。

一部の卵巣の出来物は、経過観察中にいつの間にかなくなっていたということをよく聞きますが、チョコレート嚢腫の場合は自然治癒は難しいでしょう。

自然治癒の確率はとても低く、期待することができません。

なかには漢方によって長期的に腰を据えてチョコレート嚢腫を向き合っている人もいますが、チョコレート嚢腫による不妊や悪性化のリスクを考えると早急に自然治癒は考えずに医療の手を借りてしっかりと治療を行うことをおすすめします。

妊娠を希望している人なら年齢的なタイムリミットなどのあるので、なおさら自然治癒ではなく医療による治療をおすすめします。


スポンサードリンク


■チョコレート嚢腫にきく食べ物とは?


日常の食事でチョコレート嚢腫を改善したいという人もいることでしょう。自然治癒は目指せなくても、大きくなるのを食い止めたり、サイズを小さくしたりしたいと考えている人は、まずは日ごろの食生活をよく見直してみましょう。

チョコレート嚢腫になりやすい人は、油分の多い食事が好き、乳製品が好き、インスタント食品やスナック菓子をよく食べている、外食が多い、野菜の摂取量が少ないなどの特徴があります。

よくある現代人の食生活の内容ですよね。油を使ったお料理は美味しいし、仕事や育児で忙しいとついつい外食やインスタント食品に頼ってしまいます。

間食でスナック菓子を食べることも多いでしょう。添加物たっぷりで偏った食生活をしていると体が冷えて不調をきたし、卵巣などにも影響が出ることだってあるのです。

卵巣をはじめ、身体をを健康的にするには体をあたためる食べ物がいいでしょう。冷えはチョコレート嚢腫患者に限らず女性にとっては有害なものでしかありません。

また、現代人は野菜不足なので同時に野菜を積極的に摂取する必要があります。体をあたためて効率よく野菜を摂取するには根菜を使った料理がおすすめです。

具体的には根菜のお味噌汁や煮物などがいいでしょう。とてもヘルシーな上に栄養たっぷりですよ。そして、食生活の改善とともに漢方を服用するといいでしょう。

チョコレート嚢腫は水分の代謝をよくする漢方を服用することによって改善されることがあります。完治は難しくても、改善されるのであればうれしいですよね。

人に合う合わないなどの個人差はありますが、漢方は体をあたためて免疫力をあげる効果が期待できるので、チョコレート嚢腫じゃない人も継続的に飲み続けるといいですよ。

また、チョコレート嚢腫はちゃんと治療しても再発する可能性がある病気です。

今回は治療を受けて無事に解決したとしても、再発を予防する意味で体をあたためる食生活をして、漢方で水分代謝を上げて再発しにくい体つくりを行っておくといいですよ。