■チョコレート嚢腫とは?


卵巣は女性にしかない特有の臓器です。卵巣は主に排卵などをつかさどり、妊娠を希望する女性にとってはいつまでも健康でいてほしい臓器なのです。

しかし、その卵巣にもいくつか病気があります。そして卵巣はなにか異常があってもなかなか気づきにくく、「沈黙の臓器」と呼ばれています。

その卵巣の病気の中には「チョコレート嚢腫」というものがあり、多くの女性が頭を悩ませています。チョコレート嚢腫とは、別名「卵巣チョコレート嚢腫」と呼ばれており、卵巣に袋状の出来物ができます(嚢腫)。


スポンサードリンク


その袋の中に、子宮内膜がはがれたものや毎月の月経時の経血が溜まっていき、黒っぽい茶色のようになります。この見た目の色から、チョコレートと例えられるようになりこのチョコレート嚢腫という名前がつきました。

このチョコレート嚢腫が出来る直接の原因としては卵巣の子宮内膜症にあります。

名前的に誤解をして「卵巣なのに子宮内膜症という病気になるの?」と思う人もいることでしょうが、子宮内膜症とは子宮内にできるはずの内膜が子宮以外の場所に出来ることをいいます。

卵巣だけでなく、骨盤周辺などにもできやすいです。そんな子宮内膜症が卵巣に出来ることによってチョコレート嚢腫を引き起こすと言われています。

チョコレート嚢腫になると、強い月経痛や性交痛、慢性的な腰痛(骨盤痛)に悩まされてる人がいます。また、適切な治療を受けずにチョコレート嚢腫を放置すると不妊症の原因になってしまうことがあります。

さらにはチョコレート嚢腫は、ごく稀な確率ではありますが、悪性化して卵巣がんになることもあります。卵巣がんは特に閉経後に可能性が強まるので注意が必要です。

そしてチョコレート嚢腫のサイズが大きいと、嚢腫の重さで卵巣を支えるじん帯がねじれて「茎捻転」を起こすことがあります。茎捻転を起こすと立っていらなれないくらいの下腹部痛に襲われて、吐き気や嘔吐などの症状が現れます。

こうなると緊急の手術による治療が行われることになります。病状が進むと卵巣が壊ししてしまい、卵巣を摘出しなければいけなくなってしまうこともあるので気をつけたいところです。

妊娠を希望している人もそうでな人も、異常を感じたらすぐに病院を受診したり、日ごろから婦人科の定期検診を受けるなりして早期発見につとめるようにしましょう。


スポンサードリンク


■チョコレート嚢腫の原因はストレス?


先ほどは、チョコレート嚢腫の直接の原因は卵巣にできる子宮内膜症であるということをお伝えしました。

では、その卵巣の子宮内膜症はどんな原因でなるのかというのは、実は明確なことがわかっていません。しかし、ストレスの多い生活を送っていると子宮内膜症になる可能性が人よりも高いと言われいます。

ストレスがたまると体中の血液の循環が悪くなり、冷えやすい体になってしまいます。冷えは女性の体にとっては百害あって一利なしなのです。

血流が悪くなることによって、毎月の月経で体外に排出されるはずだった経血が体内に残ってしまい、それはチョコレート嚢腫の一部となってしまうことがありえるのです。

また、ほかにも乱れた食生活や不規則な生活リズム、アルコールの飲みすぎや喫煙なども原因になるのではと言われいます。

乱れた食生活や不規則な生活は体に負担をかけるだけでなく、知らず知らずのうちにストレスとして精神的にも影響があったりします。

卵巣を健康的に保ちたいのならば、定期的な婦人科検診はもちろん、栄養バランスのとれた食事をしてしっかりと睡眠をとるなどの健康的な生活を送り、適度にリフレッシュしてストレスをためこまない日常を送ることが大切です。