■卵巣がんとは


卵巣がん…それは子宮がんや乳がんなどと並ぶ女性特有のがんです。卵巣に悪性の腫瘍ができて命を脅かす怖い病気です。

卵巣は「沈黙の臓器」卵巣がんは「沈黙の腫瘍(サイレントキラー)」と呼ばれているだけあって、卵巣に異常があったとしてもなかなか自覚症状がでないのでその異常に気付くことができません。

卵巣がんになる原因は様々で、過去に不妊治療などで長期にわたりホルモン療法など排卵誘発剤を使用していたり、チョコレート嚢胞を患っていたりしていると卵巣がんのリスクが高いと言われています。


スポンサードリンク


また、初潮が早かった人や、肥満気味の人、出産未経験の人、母親や姉妹に卵巣がんになったことがある人がいる人も卵巣がんになる可能性が高いと言われています。

また、卵巣がんは40代から60代の女性によく見られるがんですが20代や30代の女性にも全く無縁ながんではありません。もし若い世代ががんを患ったら進行が早いのです。初期で卵巣がんを発見するには定期的な検診を受ける必要があります。

■卵巣がんの症状や初期の痛みの箇所は?出血はある?


卵巣がんは初期症状が出にくく、初期で自覚症状を持って発見するにはとても難しい病気です。たいていの人がある程度病状が進行して「何かおかしい」と感じてから病院を受診して発覚するということが多いです。

卵巣がんに限らず、どのがんでも初期に発見していれば治療の選択肢が多くなり、根治の可能性が高くなります。ここでは、なるべく初期に異常を感じることができるように、卵巣がんの初期の症状や痛みが出る箇所についてご紹介していきます。

卵巣がんの初期症状としては、下腹部の膨張感や満腹感、頻尿、腰痛などがあります。どれも最初は「ちょっと太ったかな?」「食が細くなったかな?」「トイレが近いけど、冷えたのかな?」などよくあるような症状なので卵巣がんを疑うことはないでしょう。

しかし、確実に病魔は芽生えて進行しています。普段よりもトイレに行く回数が増えた(それが1ヶ月ほど続いていたら)、体重はむしろ落ちているのにお腹周りだけ太ってこれまで履けていたズボンやスカートが入らなくなったと感じたら、すぐに婦人科を受診するようにしましょう。


スポンサードリンク


また、卵巣がんになると骨盤や下腹部に痛みが出てきます。成長した腫瘍によって周りの神経や臓器が圧迫されて腰痛や下腹部痛を引き起こしているのです。頻尿も、腫瘍が膀胱を圧迫していることによって引き起こされています。

そして卵巣がんになると卵巣の機能が低下するので不正出血などの症状が現れることがあります。必ずしも出血するというわけではありませんが、1つのサインとして月経以外での不正出血には注意しておくようにしましょう(がんでなくても不正出血は体の以上のサインです。

見過ごさずに婦人科を受診しましょう)。卵巣がんが進行して転移をしたりするとそれに伴う臓器の出血などもあります。

■卵巣がん、進行するとどうなる?


初期で発見がされにくい卵巣がんですが、なるべく多くの知識を身につけて自分の体をよく観察することによってできるだけ早く発見できるのが理想的です。

卵巣がんが進行するとほかの臓器に転移してしまう可能性がとても高いです。進行によって腹水や胸水が溜まりだし、生活が困難になることもあります(この段階では結構進行していることになります)。

また、がんの進行によって食欲が極端に低下したり、高熱が出たりすることもあります。

進行すればするほど、危険にさらされていきます。なんだかおかしいを感じたら「気のせい」だと片づけずに、必ず病院を受診して検査を受けるようにしましょう。