■卵巣が腫れて水が溜まる原因は、ストレスや女性ホルモンや交感神経の緊張?


女性にあって男性にない臓器…それは卵巣と子宮です。どちらのとても重要な臓器で、妊娠を希望する女性にとっては特に大切にしたい臓器です。定期的に検診などして卵巣や子宮に異常がないかをチェックしておくのがベストです。

特に卵巣は何か病気をしたとしても症状が自覚しにくいことから、症状を感じてから病院に行くと結構重症化しているということが多いです。そんな卵巣の異常で分かりやすいものといえば「卵巣に水がたまる」というものです。

なんだか下腹部がポッコリしてきたように感じたり、頻尿や便秘気味になったり、腰痛を感じたりするなどの症状が出てくると、卵巣に水が溜まっている可能性があります。


スポンサードリンク


卵巣に水がたまることによって、他の臓器が圧迫されたりして自覚できる症状が現れてくるのです。では何故、卵巣に水が溜まるのか原因が気になりますよね。

卵巣に水が溜まる原因でよくあるのが、卵巣嚢腫であるということがあります。卵巣腫瘍とは、卵巣にできる腫瘍のことでほとんどが良性のものです。卵巣腫瘍とは、体液などが溜まった腫瘍が卵巣内にできるものです。

卵巣が腫れて水が溜まってしまう原因として考えられるのが、「ストレス」によるものです。なんだか考えにくいですが、ストレスによって卵巣に水が溜まってしまうということもあるそうです。

ストレスによって血流が悪くなり、卵巣にも悪影響が出てしまうこともあるのです。また、そのストレスにリンクして「交感神経」が盛んに活動することも水が溜まりやすくなる原因にもなります。

交感神経はストレスを感じると活動が活発になります。また、「女性ホルモン」によって水が溜まりやすくなることもあります。排卵の時期になると、女性ホルモンの関係で卵巣に水が溜まりやすくなるのです。

排卵期に超音波エコーで卵巣を見ると、腫れて水が溜まっていることがよく確認されるそうです。これは女性ならよくある生理現象なので心配はいりません。排卵期を過ぎれば自然と腫れと水が引いていきます。

ストレスによって卵巣に水がたまりやすくなっている人は、まず根源であるストレスを解決する必要があります。仕事などでストレスを感じやすい人は、適度なリフレッシュを定期的に取ったり、自分にあったストレス発散方法を探しましょう。

また、適度な運動はストレス発散に効果的ですし、体を動かすことによって血流がよくなるので卵巣にもいい影響が期待できそうです。軽いウォーキングやヨガなど、自分にあった運動を生活に取り込んでみましょう。


スポンサードリンク


■卵巣が腫れて水が溜まっている、どうしたらいい?


卵巣が腫れて水が溜まっている場合は、婦人科などを受診しましょう。

しかし、自分では「今、卵巣が腫れているな」ということがわかりにくいのでほとんどの人が何らかの自覚症状(下腹部が出てきた、鈍痛があるなど)が現れてからの受診になると思います。

病院での主な治療方法は、まずは卵巣が腫れて水が溜まっている原因を診察・検査をしてから、その後原因別で治療が行われます。卵巣嚢腫の場合は、大きさ(6センチ以上のもの)によっては手術で取り除くことになります。

ほかには、医師の判断によって経緯を見ながら自然に水が吸収されていくのを待つということもあります。

女性ホルモンの影響で卵巣が腫れて水が溜まっている場合は、とりあえず様子見をします。排卵期を終えても卵巣が腫れているようであれば、ちょっと注意が必要です。

卵巣付近に異常を感じた場合は早急に婦人科を受診して医師の判断を仰ぐようにしましょう。