■排卵痛の左下や右下、どんな痛み?


月経時に生理痛があるように排卵時期に排卵痛があるという人がいます。

排卵痛とは、排卵時に成熟した卵胞が破裂して卵巣から飛び出る際に起こる刺激(痛み)や排卵よって卵巣が腫れあがっているための痛みで、生理痛と同様に感じる人と感じない人がいます。


スポンサードリンク


その痛みは「下腹部のどこか」という人もいれば「下っ腹の右下(もしくは左下)」という人もいます。とにかく卵巣付近に何らかの痛みや刺激を感じるということが多いです。

卵巣は基本的に左右に存在しているのでどちらかの卵巣から排卵しているかで痛む場所が異なります。右の卵巣から排卵していれば下腹部の右下が痛みますし、逆であればそちらの下腹部が痛むことが多いです。

その痛みや刺激は「チクチクした刺すような痛み」というような人もいれば「生理前のようなドンヨリとした不快感」など人によって感じ方はさまざまです。

そして立ち上がれない、歩くのも苦痛であるなど、あまりにも痛みが激しい場合は単純な排卵痛でないこともあるので、できるだけ早めに婦人科を受診するようにしましょう。

また、排卵痛とともに出血があるという人も中にはいます。それは排卵出血といって、排卵の際に卵巣の表面をちょっとだけ傷つけて出血したものが体外に出てきているというものです。

出血自体は軽微なもので、量が少なくて長くても3日ほどでおさまるがほとんどです。もし出血の量が多かったりだらだらと長引くようであれば別の原因も考えられますのでこちらも早めに婦人科を受診しましょう。

■排卵時に下痢や腰痛はある?


排卵時に、下腹部の痛み以外に下痢や腰痛などの不快感を訴える人もいます。

排卵時期はホルモンバランスが乱れがちになるので、腸の働きが悪くなってそれが原因で下痢をすることがあります。下痢のほかには便秘になってしまう人もいます。排卵期の下痢などは薬を服用することはあまり好ましくはありません。

できるだけ薬の服用は避けて、身体を温めたり安静にしたりして症状が治まるのを待ちましょう。


スポンサードリンク


また、同じくホルモンの関係で骨盤の位置がずれてしまうことがあり、それによって腰の痛みを感じる人もいます。排卵時期になるこのようなと何らかの不快感を感じる人は結構います。これら以外にも吐き気やめまい、頭痛などの症状を感じる人が多く、月経前と症状が似ていると思う人が多いです。

下痢や腰痛などの症状がある人は、できるだけ身体を冷やさないように温めることによって痛みや症状を緩和することができます。また、排卵時の不快感を回避したり予測したりしたい人は、普段から基礎体温をはかることによって自分の排卵期を知ることができます。

自分の体のバイオリズムを知ることによって「そろそろ排卵するな」と把握することができるので、身体を冷やさないように特に注意したり、排卵痛が重たい人なら予定を調整したり、排卵前に婦人科に相談したりするなどの対策をとることができます。

また、精神的にストレスを感じている人も排卵時に不快感に悩まされる人がいます。ストレスは排卵痛を引き起こすだけでなく、排卵痛やその不快感を強めることがあるので気を付けましょう。普段からストレスフリーな生活を送ることによって、排卵痛だけでなく生理痛などの和らげることができます。

■排卵時の不快症状が妊娠の初期症状であることも


先ほどは、排卵時に「下腹部にチクチクした痛み」「下痢や腰痛」「吐き気や眠気」などの症状が出るという人が多いというお話をしました。しかし、これらの症状は排卵時の症状であると同時に妊娠初期症状にもとても似ています。

妊娠の心当たりがあるという人は薬の服用や飲酒喫煙などは控えて産婦人科を受診するようにしましょう。