■スプレキュアとは


スプレキュアとは不妊治療によく使われる点鼻薬です。スプレキュアとは商品名で、正式名称は「GnRH誘導体製剤」というもので、「ゴナトトロピン放出ホルモン」というものでできています。

使い方は使用目的によって多少異なりますが、月経周期の1日目から3日目くらいから1日3回ほど決まった時間に噴霧して吸い込みます。
スプレキュアを不妊治療で使う場合には、短期に集中して使用すると「フレアアップ」という現象を体内で起こさせることがあります。

フレアアップが起きると、黄体形成ホルモンという排卵を促すホルモンが多量に放出されますので、排卵をさせて体外受精のために採卵するという方法なのです。


スポンサードリンク


そしてスプレキュアは不妊治療だけでなく、子宮筋腫の治療にも有効です。

効き目は人それぞれですが、スプレキュアを使用しだすと間もなく生理が止まります。偽閉経の状況を作り出すことによって子宮筋腫の成長を止めます。閉経すると女性ホルモンの分泌が減り、子宮筋腫が小さくなるのが通常なので、それを利用して治療とするのです。子宮筋腫の治療の際には、医師と相談してピルなどを併用して避妊にも気を付けるようにしましょう。

そしてスプレキュアの使用をやめると生理は再開します。遅くても2ヶ月から3ヶ月までには再開する方がほとんどです。閉経が近い人の場合は、この治療を繰り返して、本当の閉経まで繋げて子宮筋腫をやりすごすこともあります。

子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、生理の症状が重たくなるだけでなく、人によっては不妊の原因にもなります。適切な治療をすることによってほとんどの方が快方へと向かいますので、放置せずにしっかりと対応しましょう。

このように、排卵を止めたり促したりと使い方によってはまったく別の効力を発揮するスプレキュアです。正しく使用することによって多方面で活躍するので、女性にとってはとてもありがたい薬なのです。


スポンサードリンク


■スプレキュアの副作用は太る、腹痛、吐き気、出血?


スプレキュアは不妊治療や子宮筋腫の治療に活躍する一方、副作用を訴える方が多いのも事実です。

主な副作用としては、腹痛や吐き気、出血などが見られます。ほかには個人差はありますが、ほてりやだるさ、肌荒れ、食欲不振などが見られる方もいます。一時的にとはいえ、閉経している状況を作り出すので閉経後のような症状を感じる方もいるのです。

これらは、使用から2週間ほど経つと現れることが多いですが、一時的な症状なので心配することはありません。しかしあまりにも激痛であったり、出血の量が多かったりした場合は使用を中止して病院を受診するようにしてください。

また、中にはスプレキュアを使いだしてから太ったという方もいます。スプレキュアは代謝を低下させることもあるので使用中の副作用ともいえます。

そしてごくまれに重度の副作用で、アナフィラキシーの症状がでることもあります。この場合にも即座に使用を中止して病院に行きましょう。

通常、子宮筋腫の治療でスプレキュアを使用する場合は、症状が軽くなったりすれば使用を中止したり、長くても6ヶ月ほどでいったん使用を中止します。理由としては、長期的にスプレキュアを使用しているとカルシウムが不足しがちになるので、骨が弱ってくることもあるからです。

スプレキュアを使用している間は、いつも以上に食事のバランスに気を付けて積極的にカルシウムを取ることが出来る食事内容を意識するといいでしょう。軽い散歩なども生活に取り入れると、骨の健康にも繋がってとてもいいです。

トータル的に見て、長期的に使用している方は骨の検査をするようにしてください。