■フォリスチムの効果


フォリスチムとは、不妊治療の一環で使われるもので、使うことによって卵巣を刺激して卵胞を育てて、排卵を促す排卵誘発剤のひとつです。

無排卵などの排卵が困難な状態にある方にとっては効果が期待されるものです。


スポンサードリンク


■フォリスチムは毎日決まった時間に打つ?


フォリスチムには経口タイプと注射タイプのものがあります。

注射タイプのものは直接体に注入すりので経口タイプより効果が高いです。そして注射タイプは原則として病院に通院して打ってもらうのが普通ですが、わざわざ病院に通院して打ってもらうのではなく、自宅などで手軽に自分で打つことも可能です。

仕事で連日の通院が叶わない方や、病院が遠くて通院が負担になる方、既に上にお子さんがいて通院が困難な方などにとっては自己注射で完結するのはとても助かりますよね。また、交通にかかる費用やその手間の節約にもなるのでいいことばかりです。そして注射といっても普段病院で売っているような長い針を腕にプスッとするものではなく、ペンの形状をしたものです。

実際に自己注射をするときは、使用する前に簡単な動作確認をします。「空打ち」という、薬剤が正常に針の先から出てくるかの確認は必ず行ってください。

この空打ちをしたからといって、薬剤を消費しすぎて正しい処方量がとれないのでは…という心配があるかもしれませんが、空打ちを視野に入れて薬剤は入れてあるので薬剤が不足するのではという心配はありません(明らかに出すぎてしまった場合は、医師に相談しましょう)。

もし空打ちで薬剤が出てこないときは、注射の説明書をよく読んで、薬剤がでるまで動作を繰り返してください。


スポンサードリンク


そしていざ注射!となったら、太ももやお腹など打ちやすい場所を選びんで打ちます。おへその下などがおすすめの部位です。打つときは、痛みや腫れなどを予防するために前回打った場所から少しずつずらすように打ちます。

また、フォリスチムの針の長さがある場合(8ミリ)は、皮膚を軽くつまんで打ちます。短い場合(5ミリ)はそのまま打ち込んでかまいません。打ってる最中に血液が逆流してきたりしたらすぐに注射を中止してください。

フォリスチムの自己注射が病院から出される際には、医師や看護士からの指導があります。打ち方の指導などがあるのでしっかりとレクチャーを受けて打ち方や使用する量をまもり、正しい利用をするようにしましょう。

自己注射は、毎日同じ時間に打つことがとても大切になります。1日の中でも比較的時間にゆとりがあって、リラックスできる時間を選びましょう。

もし、仕事や用事、打ち忘れなどでいつも打つ時間がずれてしまったら、慌てて打たずに1度病院に電話をして医師に相談しましょう。大幅な時間のズレでなければ、これからすぐに打つように指示がでることが大半です。

しかし、大幅に時間が過ぎている場合は1日分を見送ることもあるので、自己判断はせずにこの場合は必ず医師に相談するようにしてください。遅れた分を含めて2回分打つ…なんてことは絶対にしないようにしましょう。

■フォリスチムの保存方法


フォリスチムは25度以下の暗い環境での保存することが理想です。

ベストなのが冷蔵庫の保存でしょう。ただし、決して冷凍はしないようにしてください。未使用のカードリッジは涼しい場所で正しく保管すれば最大3ヶ月間は使用が可能になります。しかし、1度でも穴を開けて使用したものは25度以下の環境で保存しても使用期限は28日程度になるので注意してください。

もし、夏場の暑いときにフォリスチムが処方されるときは、あらかじめクーラーバッグなどを用意して病院に行くといいでしょう。