■アンタゴニスト法の妊娠率


アンタゴニスト法とは、Gn-RHアンタゴニストという注射を連日射つことによって未成熟な卵胞の排卵を防ぎ、ほどよいタイミングで排卵を調節して採卵をおこなう方法です。

たくさんの卵子を採卵することを目的としており、採卵の数が多ければ余剰を凍結保存もできるし体外受精をするにも有利なので、体外受精希望者にとても期待されている方法です。


スポンサードリンク


年齢にかかわらず、成熟した採卵がしやすいので不妊治療をする方にはとても重宝される採卵方法です。

アンタゴニスト法だと、採れる卵子の数も多いので、より多くの受精卵をつくることができます。それが妊娠率に直結するかはともかく、可能性があがるのは確かです。

HCG注射の投薬が少ない、またはない(アゴニストで代用)こともあるので体への負担が少なく、妊娠するためのコンディションを整えることができます。また、多嚢胞性卵巣症候群の方らHCG注射をすると卵巣過剰刺激症候群のリスクがありますが、アンタゴニスト法だとそのリスクを軽減することができることから、多嚢胞性卵巣症候群の方にとっては妊娠率は上がるといえるでしょう。

しかし、誰にとってもアンタゴニスト法がベストであるとはいえないので、医師とよく相談して自分にあった治療法を探すようにしましょう。

■アンタゴニスト法には卵子の質が改善する効果がある?


妊娠成功率が高い体外受精ですが、それをするにも、まずは質のよい卵子であることが求められます。妊娠するための一番の近道は質のよい卵子が1つでも多く存在することです。

せっかく採卵しても、生命力のない、質が悪い受精卵であれば、体内に戻すまでに至らず残念な結果となってしまいます。

未成熟な状態の卵子の排卵を抑えて、充分に成熟するまでタイミングを調整できるアンタゴニスト法は、個人差はありますが、質のよい卵子が採れやすいです。アゴニストという点鼻薬を使っても成果が得られないときは、このアンタゴニスト法を使います。

しかし、アンタゴニスト法をしたからといって、必ずみんなが卵子の質がよくなる、改善されるというわけではなく、個人差がかなり大きいです。


スポンサードリンク


また、アンタゴニスト法に頼りきるのではく、日頃の生活を見直して、禁酒や禁煙をしたり、体の冷えを予防したり、バランスのよい食生活にしたり、不規則な生活リズムを整えるなりして、自分でも卵子の質の改善を心がけるのも大切です。不妊治療のストレスも妊娠しやすい体作りには大敵なので、適度にリフレッシュしながら質のよい卵子づくりを心がけましょう。

■アンタゴニスト法が適した人


人によって体に合った治療法は違います。体質的なものもありますし、仕事をしているなどで生活する中の都合というものもあります。

そんな中で、アンタゴニスト法が適している人とはどんな人かというと、多嚢胞性卵巣症候群の方や、卵巣過剰刺激症候群になるリスクが高い人や、アゴニスト法のショート法やロング法で思うような結果が残せなかった人にアンタゴニスト法は適しているといえるでしょう。

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵胞が育ちにくく、排卵しにくいという症状があり、アゴニスト法はよく合います。卵巣過剰刺激症候群は、排卵誘発剤によって過剰に刺激された卵巣が腫れたり腹水が溜まったりする症状があり、排卵誘発剤を使わないという選択肢があるアンタゴニスト法は適しています。

また、卵胞が充分に育つ前に排卵が起きてしまう方も、排卵をコントロールすることができるアンタゴニスト法は向いています。

ただ、アンタゴニスト法は通院回数が多く、費用が高くなる傾向にあるので、金銭的に余裕がある、家族の理解を得られているということが大前提となります。