厚生労働省が推奨していることもあり、
妊娠中から葉酸サプリを摂取する女性が増えています。
ですが、葉酸サプリを銘打たれていても、その成分や安全性は千差万別です。

 
では、科学的に解明されている葉酸サプリなら、安心・安全といえるのでしょうか?
葉酸サプリの効果や選び方についても、お話ししたいと思います。

 

葉酸サプリの違いを知っておこう

 
葉酸サプリとひとくちにいっても、製造方法によって二つに分類されます。
それは、天然葉酸(ポリグルタミン酸型)と合成葉酸(モノグルタミン酸型)です。

 
天然葉酸(ポリグルタミン酸型)の葉酸サプリは、
無添加であることを売りにしているものが多いです。

 
ですが、無添加であるから高品質であり、安全であるとは限りませんし、
アレルギーが発症しやすくなるというリスクを抱えます。

 
さらに、天然葉酸(ポリグルタミン酸型)は、産地や収穫時期、
天候などにより品質が安定せず、有害物質や不純物が
除去しきれている保証もありません。


 
厚生労働省が推奨しているのは、合成葉酸(モノグルタミン酸型)の摂取です。

これは、天然葉酸(ポリグルタミン酸型)の成分の安全性の問題だけでなく、
体内での利用効率が50%以下であるのに対し、化学的に製造された
合成葉酸(モノグルタミン酸型)の利用効率が85%もあるからです。

 
合成葉酸(モノグルタミン酸型)の葉酸サプリの中でも、さらに
安全性の高いものを選ぶことが、母子の健康を守ることにつながるのです。

 

科学的に解析された葉酸サプリなら安全で安心?

 
厚生労働省が合成葉酸(モノグルタミン酸型)を推奨するのは、
科学的根拠に基づいて、効果が証明されているからです。

 
ですが、化学的につくられた合成葉酸(モノグルタミン酸型)の
すべてが、安全・安心化というと、そうとも言い切れません。

 
葉酸サプリを購入する際に、合成葉酸(モノグルタミン酸型)の
科学的解析をチェックするポイントをご紹介しておきましょう。

 
ここで大事なのは、有効成分の内容や豊富さだけではないということです。
妊娠中に飲むことを考えれば、放射線濃度や残留農薬の
有無をしっかりチェックしておくことが大事です。

 
そして、科学的解析を行っているのが、自社の場合、信頼性が疑われます。
葉酸サプリの科学的解析を第三機関に依頼していること、
その第三機関が信頼できるのかは、きちんと調べた方が無難です。

 
そして、科学的解析がきちんとなされている 合成葉酸
(モノグルタミン酸型)であれば、効果について心配することはありません。

 
もちろん、妊婦さんが奨励されている、1日400μgが含まれていることが大前提です。
そして、過剰摂取にあたる1000μgを超えないことも、一緒に確認してください。

 

妊婦さんが安心して飲める葉酸サプリを探す方法

 
もし、科学的解析がきちんと行われ、安心・安全な葉酸サプリを
探したいなら、まず妊婦さん向けの雑誌やウェブサイトで、
情報収集をすることをおすすめします。

 
妊婦健診の際に、お医者さまや助産師さん、
看護師さんにおすすめの葉酸サプリを教えてもらうのもよいでしょう。

 
また、薬局やドラッグストアであれば、
薬剤師の方に相談するという方法もあります。

 
前述した葉酸サプリの選び方に加え、専門家のアドバイスを
受ければ、より安心・安全なものを選べるはずです。

 
医薬品GMP認定されている工場で生産されている葉酸サプリで
あれば、安心・安全であると考えてよいと思います。

 
葉酸以外にも含まれている成分が何かも合わせてチェックして、
自分とお腹の赤ちゃんの健康にプラスになる葉酸サプリを探してみましょう。

 
そして、高額だから効果が高いといいきれないことも、覚えておいてくださいね。