■胚移植とは


胚移植とは体外受精の1つで、卵子を採卵して体外で受精させた受精卵を体内に戻す不妊治療です。受精卵はただ受精させて終わりなのではなく、培養・分裂させて着床しやすくなるようにしてから体内に戻すのが胚移植の特徴です。

胚盤胞移植は、2日から3日ほど培養した、分裂の始まったものを戻す新鮮胚移植や、5日から6日ほど培養して、分裂がかなりすすんで「胚盤胞」になった状態で体内に戻す胚盤胞移植などがあります。また、胚盤胞を凍結させて、タイミングをみて融解し、体内に戻す凍結胚盤胚移植などもあります。

どれも高度な技術の不妊治療であり、これまで不妊治療をしてきて妊娠に至らなかった方にとっては期待ができるものです。


スポンサードリンク


■胚移植後の基礎体温


胚移植をした後の基礎体温は、これまでと変わらない、むしろ低下したという方が多いです。

基礎体温が高温にならないとダメなんじゃないか、低下したらもう妊娠の可能性はないんのではないかと不安になる方もいるでしょうが、心配いりません。

基礎体温が上がるのは、自力で排卵した際にプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されて起きるものです。胚移植による方法は、より確実に着床しやすいタイミングを狙うので、自然周期よりもホルモン補充周期によって行うことが多いです。

自然周期の場合は自力での排卵後のタイミングに胚移植を行うのですが、正確なタイミングがわからず、タイミングがずれてしまえば移植自体がキャンセルになってしまったり、1周期を無駄になったりすることがあります。

ホルモン補充周期なら、ホルモン剤によって人工的に周期を作り出して胚移植を行うことが出来ます。こうしてホルモン補充周期は人工的に生理周期を操作するので、自然な周期と違い基礎体温がアテにならなくなります(自然周期の場合は基礎体温に影響はありません)。


スポンサードリンク


しかし、プロゲステロンを補充しているのに何故、ホルモン補充周期と自然周期の基礎体温への影響が違うのかと思う方もいるでしょう。自然に分泌されるプロゲステロンと、補充されるプロゲステロンは、子宮内膜を充実させて分厚くして着床を助けるという点は同じですが、成分的には全く同じものではなく基礎体温に影響を与えているのです。

ホルモン補充周期によって胚移植を行う場合は、普段の周期とは状況が違うので、胚移植をしたあとの基礎体温の変動はあまり気にしなくてもいいでしょう。

また、ホルモン補充周期による場合は移植のタイミングが正確にわかりやすいというメリットもありますが、ホルモン剤による副作用が出たり、長期的に投与すると体への負担がかかります。人工的に行われる以上、デメリットもあるという点もしっかりおさえておきましょう。

■胚移植後、体調に変化は?


着床が成功していれば、胚移植後の4日から1週間後に着床出血や下腹部にチクチクとした痛み、乳房の張り、体のだるさや熱っぽさなどの症状が出る方もいます。これらは着床したことによって現れる症状で、感じるか感じないかは人それぞれです。

また、妊娠初期症状や生理前の症状、風邪のひきはじめなどの症状がよく似ているため、どれかわからないということもあるでしょう。生理がきたり、妊娠がわかってから初めてその症状の正体がわかるということがほとんどなので、このような症状が出ても慌てずに日の経過を待ちましょう。

ちなみに妊娠が成立したから、胚移植から2週間後ほどにわかることがほとんどです。また、移植の際の刺激で移植後に少し出血してしまうことがあります。

その旨の説明はあらかじめ医師から説明があるでしょうが、出血が多かったり、不安な場合は病院を受診するようにしましょう。