■妊婦の花粉症鼻づまりで点鼻薬は使える?


花粉症のツラい症状の1つである「鼻づまり」。息苦しいのでとてもストレスを感じますよね…妊娠中は心穏やかに過ごしたいものですが、花粉症による体の不快感でイライラしてしまうという人は多いことかと思います。

そんなときは、点鼻薬などで鼻づまりを処置をしたいものですが、妊娠中だと点鼻薬を使ってもいいのか判断に迷ってしまうことかと思います。

妊娠中の点鼻薬の使用は、基本的には使用することができるのですが、妊娠前に処方されたものや、同じく妊娠前に薬局などで購入したものは利用のは避けるのがベストです。

点鼻薬によって体内に入ってくる薬の量はとても少ないのですが、お腹の赤ちゃんへの影響が皆無であるかは言い切れません。特に、妊娠初期は赤ちゃんの体の器官が作られる大事な時期で、薬の影響を受けやすい時期です。

妊娠前のものは妊娠について意識して購入したものではないので、自己判断での点鼻薬の使用は控えるようにしましょう。もし、まだ妊娠に気付いていない時期に使用してしまっていた場合は、妊娠判明後に医師に報告して相談するようにしましょう。

用量を守っていたのであれば、そこまで気にする必要はありませんが、念のため相談しておくと安心できますよ。

花粉症で鼻がツラいときは、かかりつけの産婦人科に相談するか、耳鼻科で「妊娠中である」という旨を伝えた上で点鼻薬を処方してもらうのが一番です。病院でちゃんと症状を診てもらうことによって、より効果的で安全な点鼻薬を処方してもらうことができるでしょう。


スポンサードリンク


そして妊娠していることを前提に病院から処方された点鼻薬は確かに安全なのですが、使いすぎには気を付けるようにしてください。ママの体やお腹の赤ちゃんに影響はなくても、点鼻薬は使いすぎると花粉症の症状を悪化させてしまうおそれがあるからです。

これ以上ツラい思いはしたくないものですよね…処方させた点鼻薬だけでは不快感が解消されないときは、もう一度病院を受診して症状について相談してみるようにしましょう。点鼻薬を乱用するよりも効果的な治療法や薬を処方してもらえるようにお願いしてみるといいですよ。

また、点鼻薬のほかにもマスクを常時着用して花粉が鼻に入らないように対策することも大切です。鼻づまりがあると、息苦しくてマスクをすることにストレスを感じてしまいますよね。

ですが、それを理由にマスクをしないで外出をするとさらに花粉を吸ってしまって悪循環…なんてことになってしまいます。

不快感だとは思いますが、これ以上鼻づまりをひどくしないためにも、できることならマスクはしっかりとするようにしましょう。他にも、身体に花粉が付着するのを防ぐ対策(帽子など)も同時にすると効果的です。

妊娠中は、普段よりも体の健康に敏感になっている人も多いと思います。そういう人はマスクや帽子などで自分で対策を取っていくのがいいでしょう。

■妊娠中の花粉症鼻づまりは、生活内容の見直しで緩和することが出来ることも


花粉症の鼻づまりがヒドいと、とてもしんどいのでどうして薬に頼りたくなりますよね。花粉症の薬に頼るのが一番手っ取り早くて確実なのですが、妊娠中はできることなら薬には頼りたくないという人も多いことでしょう。

花粉症の症状は、生活内容を見直すことによって緩和することができる場合があります。不規則な生活リズムで、栄養バランスの偏った食生活などをしていると体の抵抗力や免疫力が落ちてしまいます。

そうすると、花粉症の症状が色濃く出てしまうのです。花粉症の症状を和らげたいのであれば、まずは今の生活内容をよく見直してみることをおすすめします。