■妊娠糖尿病の原因は甘いもの、食生活?


待望の妊娠をし、幸せな妊婦生活を送っている人も多いことでしょう。すくすくと育つ我が子の誕生を楽しみに待っている中、定期的に訪れる妊婦検診。

そこで我が子の成長っぷりを見れて嬉しいものですが、赤ちゃんのほかにはママの体の様子もしっかりとチェックされます。そんなときに気になるのが「妊娠糖尿病」です。

妊娠糖尿病とは、妊婦特有の病気で、妊娠によって糖代謝の働きに異常が起こってしまうものです。

赤ちゃんによりたくさんのブドウ糖(栄養)を運ぼうと胎盤からインスリンを抑制するホルモン(胎盤性ホルモン)が分泌されるので血糖値が上がりやすく、妊娠糖尿病になってしまうことがあるのです。


スポンサードリンク


妊娠糖尿病になってしまう原因は「家族に糖尿病になっている人がいる」「妊娠前からもともと肥満だった」「過去の妊娠出産で4.000グラムを超える大きな赤ちゃんを産んだことがある」「尿糖検査でよく陽性が出ていた」「高齢出産である(35歳以上)」など色々ありますが、よくある原因に「妊娠中、食生活が乱れて急激に体重が増えた」というものがあります。

妊婦検診では尿検査以外にも、毎回体重をチェックしますよね。この体重の増加が著しいときは産婦人医や助産師から指摘を受けることがあると思います。

体重が増加しずぎると難産になりやすいということもありますが、急激な体重増加は妊娠糖尿病のリスクも高くなるのです。

妊娠中は食の好みが変わったり、妊娠前よりも食欲が増したりしている人が多いと思います。しかし、ほどほどにしておかないとあっという間に体重急増して妊娠糖尿病んいなってしまいます。

なかでも、甘いものには要注意です。ケーキやチョコレート、クッキーなど甘いものはとても美味しいのですが糖分がかなり多く、カロリーが高いものばかりです。「少しだけなら…」とついつい手が伸びてしまいますが、体重の増加について指摘を受けている人は赤ちゃんのためにも、自分のためにも我慢することをお勧めします。

また、甘いものだけでなく食生活もよく見直してみてください。麺類なども血糖値が急激に上がるので食べ過ぎはよくありません。妊娠中は何かと億劫になるので昼ご飯は簡単に食べられる麺類などをチョイスしてしまっていませんか?こんな生活が続いていると、あっという間に妊娠糖尿病になってしまいますよ。


スポンサードリンク


■どうしても甘いものを食べたい人は、お菓子選びをしっかりとしよう


妊娠糖尿病にはなりたくないけど、「甘いものがどうしても食べたい!」「ガマンしているストレスでイライラする」なんて人もたくさんいますよね。妊娠糖尿病も怖いのですが、過度のストレスは母体にも赤ちゃんにもよくないのは間違いありません。

そんなどうしても甘いものが我慢できない人は、どんなものを食べるかをよく考えて選ぶようにしましょう。お気に入りのお菓子を食べたい気持ちも大きいかもしれませんが、糖質などをよくチェックしてください。

よく選ばないとあっという間に糖分過多になってしまいますよ!市販のものを買うときは、表示されているカロリーや糖質をよくチェックしながら選んでくださいね。

そんなお菓子選びのなかでまずおすすめなのが、「糖質制限」されたものを選ぶことです。近年では糖質制限ダイエットなどが流行っているので、お菓子をはじめ色んな食べ物の糖質制限バージョンがたくさん販売されています。スーパーやコンビニでも売っていて手に入りやすいです。

また、大豆が使われているお菓子もいいでしょう。おからクッキーは、程よい甘味もある上に、水分と一緒に摂ることでお腹の中で膨らむので少量でも満腹感を得ることができます。また、便秘解消の効果もあるので便秘になりがちな妊婦さんには嬉しい効果がたくさんです。