乳腺炎って何?



乳腺炎は、授乳しているママにかかりやすい乳腺の病気です。乳腺が、何らかの原因で美乳がつまり、炎症を引き起こすことを言います。
その他、乳頭が傷ついていればそこから細菌が入り炎症を起こしてしまうようです。


授乳していない方も、乳頭陥没であればかかってしまう可能性は十分にあるので注意したいですね。


スポンサードリンク


どんな症状?



主な症状としては、乳が張る、痛む、しこりが出来る、乳自体に熱を持つ、授乳後にチクチクと乳頭周辺が痛むなどが挙げられます。


その他の症状としては、自分自身が発熱に悩まされて頭痛まで起こる可能性があるようです。発熱が出ている時は、ひどい場合が多いので、赤ちゃんの為、ママの体の為にも、きちんとした対処法が必要となります。


対処法は?



まず、頭痛ですがこれから熱がでるかもしれないという、サインになります。頭痛がでたら、まずはゆっくりと休んでください。そして、授乳はきちんとあげてくださいね。

乳腺炎は、母乳が詰まることで起きてしまうので、母乳をあげないとさらに詰まってしまいます。つらいですが、悪化しないためにも授乳は続けてくださいね。


そして、熱が出た場合も同様で、授乳続けてください。この時の発熱は、38.0度以上の高熱が出る場合が多いので、フラフラの中の授乳になりますが、母乳を詰まらせないためにも、授乳してくださいね。


そして、冷やすことです。乳腺炎で痛む方の乳を冷やしてください。冷たくし過ぎずに、タオルで保冷材等を巻いて冷やすと適度に冷やされるのでおすすめです。


スポンサードリンク


してはいけない事!



熱が出ている時に、してはいけない事があります。それは、マッサージです。発熱していて、炎症が起こっている時は乳も張って痛むと思います。その患部に、刺激を与えるようなことはしてはいけません。より悪化させてしまいます。

マッサージは、母乳外来などの専門の方にお願いしましょう。


そして、お風呂やシャワーです。発熱の時に、温めてしまうとマッサージ同様、炎症に刺激を与えてしまいより悪化させてしまいます。


いつまで続くの?



発熱や頭痛に悩まされ、授乳して育児に追われていると、熱や頭痛だけでも早くよくならないかな・・・と、思いますよね。


これは、いつまでと断言はできないのが現状です。それは、乳腺炎の症状が落ち着かなければ発熱や頭痛の症状は、収まらないからです。
そのためには、赤ちゃんに母乳をしっかり飲んでもらって、乳腺の詰まりを解消するほかないのです。

いつもの授乳回数では、母乳がきちんと出ずに赤ちゃんがちゃんと飲めていない可能性もあります。


この場合は、頭痛や発熱を解消するため薬を服用しましょう。産婦人科にて相談して、薬を処方してもらう事が一番いい方法ですが、出来ない場合は「カロナール」という薬は授乳中のママで乳腺炎に悩んでいる方も、使っているようですよ。

つらい場合は、試してみてください。


病院の受診



発熱や頭痛の症状が出た場合は、やはり早目に病院の受診をおすすめします。この場合、かかりつけの産婦人科や母乳外来の受診がいいかもしれません。


その他では、乳腺科の病院です。乳がん検査も行う病院ですね。近くにある場合は、一度、問い合わせをしてから受診することをおすすめします。


まとめ



乳腺炎とはいえ、放置すれば頭痛や発熱などよりつらい症状が出てきます。授乳中のママにとって、乳が痛いのに熱まで・・・泣きたくなってきますよね。しかし、授乳を続けることで、症状は落ち着き頭痛や発熱の症状も収まってきます。


一番の、対処法ですので、ママも辛いですが、赤ちゃんと一緒に乳腺炎を乗り越えてくださいね。

あまりにも辛い時は、我慢せずに病院を受診して、楽にしてくださいね。