■プレマリン、ルトラールとは?



プレマリンとはエストロゲンという女性ホルモンである卵胞ホルモンを補充するためのお薬です。卵胞を育てて質のよい卵子を作る働きが期待できます。そのため不妊治療の際にもよく処方されているものです。

エストロゲンが充分に分泌されない卵巣機能不全の場合に、このプレマリンを服用すると30%以上の方が症状の改善が見られたというデータが出てきます。


しかし副作用で、食欲不振や下腹部痛、めまい、頭痛、じんましんなどの症状が出ることもあります。その場合はすみやかに医師に相談しましょう。


スポンサードリンク


そしてルトラールは黄体ホルモンのプロゲステロンを人工的に補充するお薬です。


プロゲステロンは排卵後の高温期の維持を助けたり、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くしたりと妊娠を希望する方にとってはなくてはならないホルモンです。

他にもルトラールは妊娠中の切迫流産や切迫早産などのピンチにも出番があり、妊娠しやすい体作りだけでなく妊娠継続をサポートする役割もあるのです。


また、高温期を維持=生理の来ないということになるので避妊としての効果も期待されます。

ちなみに男性の前立腺系の疾病の治療に用いられることがあり、幅広く活躍できるお薬です。


■プレマリンとルトラールで不正出血を止めることが出来る?



生理以外のタイミングで出血することを基本的に総合して「不正出血」と呼びます。


不正出血も原因が様々で、人によってら排卵出血や着床出血などのわずかな量が1日か2日程度というものだったり、子宮などに病気があり、それによってダラダラと大量に長期間出血することがあります。


一番よくある不正出血の原因はホルモンバランスの乱れによるものです。基本的には生理以外で出血することはよしとしていません。
環境の変化、不規則な生活、過度のストレスによってホルモンバランスが乱れる事が多いです。


スポンサードリンク


これを正すためにもプレマリンとルトラールの服用は大変効果的です。


プレマリンによって卵胞ホルモンであるエストロゲン、ルトラールによって黄体ホルモンでおるプロゲステロンを補充して体のリズムを整え、不正出血を止めることを期待できます。


また、不正出血を繰り返していると排卵機能にも影響を来すことがあり、不妊の原因にもなります。不正出血は1回、2回だけならよくあることですがそれが続いたりすると体に婦人系の異常がある恐れがあります。


また逆に、ルトラールを服用することによって不正出血するという方がたまにいます。これはプロゲステロンの働きで子宮内膜が分厚くなりすぎて支えきれずに外に少し排出されたものであることがあります。

心配のいらない出血ですが、量が多かったりして気になる場合は医師に相談するようにしましょう。


■プレマリンとルトラールの副作用



不妊治療などに心強いプレマリンとルトラールですが、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンを人工的に補充するものなので副作用が出る方もいます。


プレマリンのよく見られる副作用は、頭痛や目まい、下腹部痛、胸の痛み、食欲不振などがあります。


そしてルトラールも同様に、プレマリンの副作用と類似しています。


また、これらの服用することによって人によっては太ったという方がいます。

しかしプレマリンやルトラールの成分的に太る要素はなく、医学的には根拠はありません。ただ、体のリズムが整うので体調が良くなり食事の量が増えるということはあるでしょう。

また、女性ホルモンの分泌が活発になるので女性らしい丸みを帯びた体型になること方もいるようなので、それが太ったと感じるということも考えられます。