卵子の数は?


一生のうちの、卵子の数が決まっているという事を知っていますか?

ほとんどの方が、驚かれているのではないでしょうか。正直なところ、驚きですよね。


厳密に言えば、卵子が入って成長する卵胞の数となりますが、胎児の頃(もちろんご自身が、です。)が一番のピークで、おおよそ700万個となり、このピークの数を境に減っていく一方です。


スポンサードリンク


そして、生まれてくる頃には半分以下の200万個となります。初潮が始まる頃には、おおよそ30万個ととても少なくなっていき、そこから排卵ごとに約1000個は減ってきくようです。増えることはないので、年月が過ぎるたびに卵子の数は減っていきます。


30代後半には、急に減っていくので、年齢が上がると、妊娠がしにくくなっていくのにはこんな理由があったのですね。


不妊治療の期間



卵子の数が少ないと、不妊治療の期間が少なくなるようですが、卵子の数が少ない=年齢が上がってきている。ということになります。

そのため、不妊治療の期間が短くなってきてしまうようです。

おおよその、不妊治療の期間は約2年ほど、かかってきます。

先ほどにもあるように、卵子の数が少なくなっていると、不妊治療が行える期間が短くなってしまうので、治療効果を得られる確率も低くなってしまいます。


しかし、不妊治療では年齢や原因などそれぞれ違います。そのため、かかる期間や治療が行える期間等は、変わってきます。


卵子の数の検査



不妊治療を行う際に、卵子の数が今の時点でどのくらいの数が残っているのか検査を行います。その検査が、「AMH検査(卵巣年齢検査)」となります。

成長途中の卵胞から分泌されるホルモンなので、検査結果で出されるAMHの数値は卵子の数と比例すると考えられています。この検査で、卵子の数が明確になるため不妊治療の際にも用いられて、その卵子の数で治療方法を決定していきます。


不妊治療は、女性ばかりの検査だけではありません。男性側の原因も、もちろんあります。そのため、男性側の精子の検査も行います。そして、双方の結果をもとに治療法を決定して、不妊治療を行います。


スポンサードリンク


不妊治療はどんなものがある?



不妊治療と聞いても、一つの方法だけではありません。いくつかの方法があり、検査結果等で治療法を決めていきます。

まずは、具体的な治療を行わなくても自然に妊娠が行えるのではと、判断が出来る場合はタイミング法か排卵誘発法を行います。タイミング法は、排卵日を特定してその日に妊娠を望む方法です。そして、排卵が正常に行えない場合は、排卵誘発法を行います。


上記で妊娠が望めなかった場合、男性側に原因がある場合は、人工授精を行います。人工授精は、精子を子宮に直接送り込む方法です。

男性と女性に双方に原因がある場合は、体外受精を行います。精子と卵子を取り出し自然に受精をさせて子宮に戻す方法です。この方法で妊娠が難しい場合は、顕微授精を行います。こちらは、顕微鏡で確認しながら直接受精を行う方法です。その後、受精したら子宮に戻されます。


費用は?



タイミング法や人工授精であれば、費用は数万円で済みます。しかし、回数が多くなれば費用もその分かかります。

体外受精などになれば、100万円ほどの高額の費用となります。こちらも、回数が多くなれば費用もかさみます。

とはいえ、不妊治療は原因や治療法、回数や治療期間等で費用は違ってきます。保険適用かどうかなども、治療法によって違いますので、よく相談して、治療法を決定していきましょう。